お客様の環境は「公認店」ではありません。
こちらからお近くの公認店を検索できます。

アウターマン  アウターマン

この作品もオススメ

アウターマン
アウターマン (配信数1話)
50年続く国民的TV番組『アウターマン』。それが実は、地球侵略を企む宇宙人"アウターマン"の民衆洗脳作戦だった!敵役の"シルビー星人"こそが正義の宇宙人なのだ。かつて『アウターマン』を演じた俳優たちが、そのアウターマンを倒すために戦う羽目になる…!?『いかレスラー』『日本以外全部沈没』など日本バカ映画の巨匠・河崎実がおくる、笑って泣ける新しい特撮映画!

■キャスト
塩谷瞬
古原靖久
戸塚純貴
(C) Outerman project 2014

関連しているジャンルの作品

Page Top

次の話

話数一覧

あらすじを見る
  • アウターマン
    アウターマン

    近未来の日本。特撮TV番組『アウターマン』シリーズはついに放送50周年を迎えていた。それに主演したヒーロー俳優の数も50人を超えるが、彼らは共通の悩みを抱えていた。それは、アウターマンを演じた後はヒーロー俳優の色が付きすぎて他の仕事のオファーが来ないことであった。平成のアウターマン俳優・足立らも同様であった。

    そんなある日、巨大地震が日本を襲う。そのとき突如街に現れたのは、TVそっくりのアウターマンだった。そしてそのアウターマンは、地球を救うことを人類に約束する。その頃、日本各地で群発地震が発生しており、それに伴う有毒ガスの噴出によって人間の住めない地区が増えていた。その件を調査した防衛省の科学者・福山は恐るべき事実を知ることになる。なんと、有毒ガス現象はアウターマンの仕業だったのだ。その目的は、地球をアウターマンの居住に適した環境に変えてしまうことであった…。

    同じ頃、防衛省秘密捜査官の今井は謎の男を捕らえていた。タルバと名乗るその男の正体は、TV『アウターマン』で敵役を演じる宇宙人"シルビー星人"だった。アウターマンによって住んでいた星を追われ、地球に逃れ来たのだとタルバは語る。そして、TV番組『アウターマン』は地球人を洗脳するためのアウターマンの作戦なのだと言う。確かに、半世紀に渡る『アウターマン』の放送によって人々はすでに彼らをヒーローだと信じ込んでいる。しかし、なぜかアウターマンを演じた俳優の足立、吉野、森脇の3人だけが、その洗脳にかかっていないのであった。それは、彼らが『アウターマン』など所詮子供相手の作り物だとバカにしきっていたからであった…。

    このままでは、宇宙人アウターマンに人類は絶滅させられてしまう。タルバは、人類を救うためには洗脳されていない彼ら3人と合体して戦うしかないと主張する。3人は逡巡するが、遂にシルビー星人と同化して戦うことを決意する。アウターマンとシルビー星人の戦い。人々は当然アウターマンを応援する。しかし、本当の悪魔はアウターマンなのだ。地球の運命やいかに…!?

ページトップへ