お客様の環境は「公認店」ではありません。
こちらからお近くの公認店を検索できます。

爆走兄弟レッツ&ゴー!!  第1話 ミニ四駆兄弟登場 走れセイバー!

この作品もオススメ

爆走兄弟レッツ&ゴー!!
爆走兄弟レッツ&ゴー!! (配信数51話)
ミニ四駆が大好きな烈と豪は、空力を最大限に利用したフルカウルマシン、ソニックセイバーとマグナムセイバーを土屋博士から手渡される。そんなふたりの前に現れたリョウと藤吉も、フルカウルマシンの持ち主だった。それぞれタイプは違うがミニ四駆を愛するもの同士、さまざまなライバルとレースを戦いながら友情を深めてゆく!
日本最速を決める大会
富士通乾電池提供 ミニ四駆 ジャパンカップ 2016が今年も開催!
詳細は下記URLまで
http://www.tamiya.com/japan/cms/mini4wdevents/4362-jcup2016tokyoex.html
■キャスト
星馬 烈:渕崎ゆり子 
星馬 豪:池澤春菜
三国藤吉:神代知衣
鷹羽リョウ:高乃 麗
次郎丸:大谷育江
土屋博士:江原正士
ミニ四ファイター:森久保祥太郎

■スタッフ
原作:こしたてつひろ 
監督:アミノテツロー
シリーズ構成:星山博之 
脚本:星山博之、隅沢克之、千葉克彦、小出克彦
キャラクターデザイン:高見明男 
メカニックデザイン:企画デザイン工房 戦船、高倉毅志、桜川 琢
美術監督:朝倉千登勢(プロダクション・アイ)
音楽:つのごうじ、今泉 洋、上畑正和
音響監督:田中英行
アニメーション制作:XEBEC
制作:小学館集英社プロダクション
(C)こしたてつひろ /小学館・ShoPro

関連しているジャンルの作品

Page Top

次の話

話数一覧

あらすじを見る
  • 第1話 ミニ四駆兄弟登場 走れセイバー!
    第1話 ミニ四駆兄弟登場 走れセイバー!

    ミニ四駆が大好きな兄弟、星馬 烈と豪は、ある日、土屋博士から空力を最大限に利用したフルカウルミニ四駆を渡される。兄の烈は「ソニックセイバー」をコーナリング重視に、弟の豪は「マグナムセイバー」を加速重視に仕上げ、G・J・C(グレートジャパンカップ)に臨んだ。コースは、サバイバルコース。上位3名だけが決勝大会へ出場できる。トップを争うマグナムとソニック。しかし、滝つぼに突入した時、烈と豪の2台のセイバーが吹っ飛び、マグナムはクラッシュしてしまう!

  • 第2話 ウィンターレース 波乱の決勝戦!!
    第2話 ウィンターレース 波乱の決勝戦!!

    G・J・C決勝戦。この試合に負けたらセイバーを返さなくてはならないとあって、烈と豪はいつも以上に気合いを入れる。その会場に姿を見せたのは地区予選を最速タイムで優勝した黒沢。星馬兄弟に手強いライバル出現だ。黒沢のマシンは「ブラックセイバー」。烈と豪は、土屋博士が、自分達以外の人間にもセイバーを渡していたことを知る。レースはスタートし、黒沢のマシンが砂をまく改造で圧倒的に優位に立つ!

  • 第3話 謎のフルカウルマシン!
    第3話 謎のフルカウルマシン!

    大破したセイバーの修理に没頭する烈と豪。修理は完成し、コースに合わせたセッティングをするためのパーツを買いに行くが、帰ろうとする烈と豪の前に、二郎丸と名乗る少年が現れた!二郎丸は星馬兄弟の噂を耳にし、自分も土屋博士に認められたいと思い、敢えて2人と戦うためにはるばる旅をしてきたという。

  • 第4話 嵐の兄弟対決!爆走ダウンヒルレース!
    第4話 嵐の兄弟対決!爆走ダウンヒルレース!

    烈たち兄弟のセイバーを救ったのは「トライダガーX」。そのマシンの持ち主は鷹羽リョウ。二郎丸の兄だった。リョウは弟のため命を懸けてくれた烈たちに、礼を言うかわりに一枚のパンフレットを手渡し、二郎丸とともに立ち去る。それはリョウからの無言の挑戦状だった。そのパンフレットに記されている「マウンテン・ダウンヒルレース」の文字。あいつは一体…?

  • 第5話 再対決!トライダガーX 地下水路の戦い!
    第5話 再対決!トライダガーX 地下水路の戦い!

    レース終了後、烈と豪の前に現れた謎の少年、三国藤吉。彼に対する烈の第一印象は“調子いいヤツ”、豪の印象は“顔は変だがいい奴”であった。レースに勝ったものの、100秒遅れのスタート作戦をとってきた鷹羽兄弟に、豪のプライドが許さない。烈の制止を振り切り鷹羽兄弟の元に駆けつける豪。用水路を使っての再試合がスタートするが、そこには思わぬ落とし穴が待ち受けていたのだった!

  • 第6話 危うしマグナム!稲妻走りの新マシン!!
    第6話 危うしマグナム!稲妻走りの新マシン!!

    リョウにマシンの欠点を指摘されたことで、夜な夜なうなされる豪。見かねた烈が気晴らしにと、豪をゲームセンターへと連れ出す。そのゲームセンターの社長は何と、あの三国藤吉だった!たまたま(?)豪が開園1000人目の入場者となり、全てのゲームの無料権を得る。そして、ゲームの中で豪は藤吉の狙いどおり、巨大なミニ四駆コース、スターギャラクシーコースに挑戦し、藤吉と戦うことになった。藤吉のマシンはスピンアックス。レース開始から、直線でスピンアックスを一気に引き離すマグナムだったが…。

  • 第7話 激突!コーナー勝負 ソニックセイバーVSスピンアックス
    第7話 激突!コーナー勝負 ソニックセイバーVSスピンアックス

    コーナリングに優れたスピンアックスの藤吉に敗れた豪のマグナム。次はかわって烈が、ソニックで藤吉に再挑戦をすることに!レース中、烈は会場で知り合った子供のマシンを守ろうとしてケガ負ってしまう。しかし、豪の心配をよそに烈は不屈の闘志でレースを続行しようとする。ケガのハンデを背負い込んだ烈に果たして勝機はあるのか!?

  • 第8話 かっ飛べマグナム!スプリングレースをめざせ!
    第8話 かっ飛べマグナム!スプリングレースをめざせ!

    豪は佐上模型店へ出向き、烈から特訓を受ける。そしてマグナムのチューンナップにはかなりの費用がかかることがわかる。特訓を見学に来ていた藤吉が資金援助をかってでて特訓開始!しかし短気な豪は、烈からあれこれ言われてキレたあげく、ついには一人でやると言い出す。マグナムの欠点を克服するため、一人特訓に励む豪。そんな豪に、佐上模型店の店長はマシンの名前の元となったマグナム(モデルガン)を見せ、欠点克服のヒントを与える。

  • 第9話 強敵大集合!火花を散らすスプリングレース
    第9話 強敵大集合!火花を散らすスプリングレース

    前回のG・J・C失格をバネに参加する星馬兄弟。会場に姿を見せている強力なライバル達。「トライダガー」の鷹羽リョウ、「スピンアックス」の藤吉、黒沢の率いる「ブラックセイバー」軍団…そうそうたる顔ぶれがそろい、いよいよレースがスタート。リョウと藤吉のマシンがトップ争いを演じる中、豪と烈はブラックセイバーを元に量産した黒沢軍団のマシンに囲まれ苦戦を強いられる!

  • 第10話 必殺マグナムトルネード!
    第10話 必殺マグナムトルネード!

    マグナムは奇跡の片輪走法をみせ猛追するが、コースのレーンが壊れ落下の危機に!そのマグナムを救うソニック。だがマシンにトラブルが発生し無念のリタイア。豪はリタイアした烈からフロントバンパーを手渡され、烈の分まで戦うことを誓う。レースに復帰した豪を待っていたのはリョウだった。リョウは、正々堂々と勝負がしたいと言い、2台のマシンは一騎打ちをすることに。豪はこの勝負で特訓の成果を見せることができるのか!?

  • 第11話 烈の危機!残されたチャンス
    第11話 烈の危機!残されたチャンス

    G・J・Cの地区予選の敗者復活をめざす烈のソニックセイバー。すでに豪とリョウの関東地区予選を通過しているため、プレッシャーを感じていた。この敗者復活戦の上位2名はG・J・C全国大会の出場権を得ることができるため、烈はこのチャンスにかけるべく日夜ソニックのチューンナップに打ち込んでいた。そんな烈にバッタリ出会ったミニ四ファイター。彼は自分の体験談として、烈にあるエピソード語って聞かせる…。

  • 第12話 豪の挑戦!マグナムを取り戻せ!!
    第12話 豪の挑戦!マグナムを取り戻せ!!

    豪は学校にマグナムを持ってきたのがバレて、授業中にたまみ先生に取り上げられてしまう。そんな時ミニ四ファイターが土屋博士からの招待状を届けに現れるが、豪はマグナムを先生に没収され土屋博士の所には行けないという。豪はファイターと一緒にたまみ先生にマグナム返却をお願いしに行くが、なんとたまみ先生はミニ四駆で勝負して勝ったらマグナムを返すと言うのだ!ファイター特設学校コースで勝負を始めるたまみ先生と豪だったが…。

  • 第13話 6人目のフルカウルレーサー
    第13話 6人目のフルカウルレーサー

    土屋研究所に呼ばれた前日、豪は風邪を引いてしまう。豪は母親から当日熱があったら外出禁止と言われたにもかかわらず、ズルをして体温計の熱を下げてレースに参加する気でいた。烈はそんな豪に気づきたしなめるが、一向に聞く耳をもたない。結局豪は熱がある状態でフラフラになりながら土屋研究所にたどり着くと、そこにはリョウ、ニ郎丸、藤吉たちも呼ばれていた。土屋博士がこのメンバーを集めた理由とは?

  • 第14話 脅威の最強マシン 大神博士の野望!
    第14話 脅威の最強マシン 大神博士の野望!

    ミニ四駆に速さだけを求める大神博士はその集大成とも言えるマシン、プロトセイバーとマグナムソニックを対決させるため、星馬兄弟を自分の研究所に招いた。なにも知らない二人を待ち受けていたのは、噴火口の中に張り巡らされたコースだった。研究のためひどい扱いを受けるミニ四駆達を目の当たりにした烈と豪は、大神博士の挑戦を受けてしまう。プロトセイバー、ソニックセイバー、マグナムセイバーがそろってスタート!!しかし、ストレート、コーナー、どれをとってもプロトセイバーが上回るこのレース、勝ち目はあるのか!?

  • 第15話 ギャングと対決!ご先祖様を守れ!!
    第15話 ギャングと対決!ご先祖様を守れ!!

    大神博士は速さだけを追求し、マシンを追及材料として扱う冷酷な男。そんな大上博士と土屋博士の緊迫の対峙。2人を見る烈と豪、J。大神博士はプロトセイバーだけが最新マシン「セイバー」を名乗ることを許されるのだ、と言う。土屋博士はマシンを成長させる子供たちのものだ、私達がマシンを開発するのは、レースに勝つためじゃない!子供達の夢を育てる手助けをするためなんだ!!と言うと、部屋を出て行ってしまった。大上博士から差し向けられたギャングはセイバーの原型マシンをよこせと土屋博士に詰め寄る!

  • 第16話 火山口の死闘!セイバー絶体絶命!
    第16話 火山口の死闘!セイバー絶体絶命!

    大神博士の作ったリモートコントロールミニ四駆・プロトセイバーに吹き飛ばされるソニックとマグナム。さすがの烈と豪もショックを隠せないでいた。だが、全てのフルカウル・マシンの原点、スパーアバンテの走りを目の当たりにした二人は、その自由で活き活きとした姿に励まされ、ミニ四駆の素晴らしさを改めて実感する。一方、土屋博士は徹夜続きであるプロジェクトを完成させようと必死だった。それは、マシンを速くするのは子供達の情熱だということを証明するためのものだった。

  • 第17話 Vマシン誕生!勝利の明日に賭けろ
    第17話 Vマシン誕生!勝利の明日に賭けろ

    大神はセイバーがプロトセイバーとのレースに負け、火口に溶けて消えてしまった一部始終を映したビデオを土屋博士に送りつけてきた。ショックで落ち込んでいるのではと烈と豪を気遣う土屋は、二人に見せたいものがあると呼ぶ。土屋研究所に入りコースへ向かうと、二台の新しいマシンが走っている。その名はビクトリー・マグナム!バンガード・ソニック!土屋は「このマシンは未知の力を秘めている!きみたちの力で引き出してほしい!」と、烈と豪にマシンをわたすが…。

  • 第18話 走れVマシン!危険がいっぱい遊園地レース
    第18話 走れVマシン!危険がいっぱい遊園地レース

    藤吉が作ったMIKUNIファイブスターランドのオープニングセレモニーとして、大ミニ四駆レース“TOKICHIカップ”が開催されることになり、全国から集う挑戦者を烈と豪は迎え撃つことに。新マシンの調整に余念がない二人。烈と豪もモーターはミニ四駆の魂だと、古いセイバーのモーターを積んだ。レースには一般参加の他に、土屋博士、ファイター、大神博士とJの姿も。土屋博士とファイターが Vマシンのレースデビュー戦を見守る中、ついにレースの火蓋は切られた!

  • 第19話 強敵JBを倒せ!!友情のVパワー
    第19話 強敵JBを倒せ!!友情のVパワー

    三国藤吉主催のTOKICHIカップに烈と豪はニューマシンでエントリーをしていた。魂を受け継いだ2台は奇跡の猛攻をみせ、あっという間に2番手のスピンアックスを抜き、1位のプロトセイバーにグングン迫っていく。プロトセイバーの空気砲に一時は危うく遅れをとるが、風を見方につけ、プロトセイバーに追いつく2台。レースの行方は果たして…!?

  • 第20話 消えたマシン トライダガーX!
    第20話 消えたマシン トライダガーX!

    大神を離れ、土屋博士のもとにやってきたJだが、自分にはレースをする資格がないと、豪にレースを誘われても断る。一方リョウはトライダガーを何者かに盗まれてしまう。それを聞きつけた藤吉は、トライダガーを盗んだ犯人を探し出そうと言い出す。いろいろ考えた末、Jが怪しいということになり、Jの後をつける豪たち。影からJを見ているとなんと修理してあるトライダガーをリョウに渡しているではないか!

  • 第21話 チイコ大旋風 対決!星馬兄弟
    第21話 チイコ大旋風 対決!星馬兄弟

    藤吉の妹チイコは、TOKICHIカップで烈とソニックの勇姿を見て一目惚れ。烈と豪が私設コースでマシンを走らせていると、気球に乗ったチイコが「烈様~!わたしの愛を受け取って~!!」と手を振っている。藤吉はチイコに、烈に迷惑だからやめろと言うが、烈とのレースに一度も勝ったことがないことを指摘されてしまう。藤吉は兄のメンツを賭けて烈に挑戦状を差し出す。コースはスピンアックス有利に作るはずだったが、なんと兄のいない間にチイコがコースを変え、異常にメルヘンチックなコースになってしまっていた!

  • 第22話 帰ってきたあいつ 恐怖の切り裂きマシン!
    第22話 帰ってきたあいつ 恐怖の切り裂きマシン!

    デパート主催のレースでアメリカ帰りのブラックセイバーの走りを見る豪たち。黒沢は、「そのうち、メッタメタに切り刻んでやるぜ」と挑戦的な態度を示す。そんな中、豪たちは佐上模型店で無惨に切り刻まれたマシンを見る。子供達が訪れるところに現れては大事なマシンを切り刻んでいくという、通り魔のような仕打ちにの数々。こんなひどい事をするのはあいつしかいない!と考えた豪は、犯行の証拠を掴むため、黒沢を尾行するが…。

  • 第23話 缶詰工場の決闘! 新たなる旅立ち
    第23話 缶詰工場の決闘! 新たなる旅立ち

    ピークスパイダーに傷つけられたマグナムを修理してもらうため、豪は土屋博士のもとを訪れた。博士はマシンを預かり傷口を調べるが、Jは同じ傷を大神研究所で見たという。土屋博士はビークスパイダーは大神が作ったものだと豪たちに告げる。豪たちは、黒沢にもビークスパイダーに注意するように伝えるが、マシンの破壊はアメリカでは当然と、黒沢は受け付けない。ミニ四駆のあり方に悩む烈たち。その前に再び現れたカイに呼び出されるまま、缶詰工場に着いた烈、豪、藤吉だったが…。

  • 第24話 スピンコブラ発進! ニューマシン開発指令
    第24話 スピンコブラ発進! ニューマシン開発指令

    藤吉所有のゲームセンターでセイロクを空気の刃で切り裂き弾き飛ばすビークスパイダー。ゲームセンターのコースでそんなことをするのは許せない、と怒る藤吉だが、カイはレースに勝つためには邪魔なマシンはクラッシュさせるのが正当と主張する。藤吉はカイの挑発に対し、スピードだけの勝負でレースをすることを決意。コースのルール決定権を賭けて、レースは一週間後に行われることになり、藤吉は新マシンでの参戦に向けて動きだすのであった。

  • 第25話 サマーレース開催 ミニ四駆の熱い夏!
    第25話 サマーレース開催 ミニ四駆の熱い夏!

    サマーレースでは車検制度が廃止されていた。つまりサマーレースにビークスパイダーが出るということだ。この決定以来、ビークスパイダー対策に余念がない豪たち。レース予選当日、予想通り大神は参戦してきた。しかも5台のプロトセイバーを引き連れて。大神はプロトセイバーを量産し、ミニ四駆界を変えようと画策していたのだった。予選のコースは埠頭の豪華客船まで続く超ロングコース。そして、グレート・ジャパン・カップ、サマーレースの決勝はその船の中で行なわれる事が判明した!!

  • 第26話 傷だらけのゴール!涙のトライダガー
    第26話 傷だらけのゴール!涙のトライダガー

    決勝戦を迎える豪たち。大神が差し向けたビークスパイダーとプロトセイバー戦隊も決勝へと進んだ。ついに決勝戦スタート!風をきってトップを行くビークスパイダー。最後尾を走る豪のマグナム。2周目、トップグループはビークスパイダーとトライタガーX。プロトセイバー戦隊によって、10位以下のマシンはほとんどリタイア。9位まで追い上げられてきたマグナムだが、何と背後にはトップのビークスパイダーが迫ってきた!

  • 第27話 炎のニューマシン よみがえれトライダガー
    第27話 炎のニューマシン よみがえれトライダガー

    車検制度の廃止から、過酷なレースとなったサマーレース。マグナムをかばって真っ二つになってしまったトライダガーX。土屋博士はリョウのために新マシンの開発をすることに。博士は新マシンに、かねてから採用を検討していた素材、ZMCを使う。早速走らせるリョウ、だがマシンは加速するごとに強度が下がり、砂のようにボロボロになってしまう!理由はZMCが固まらないことにあった。しかし新トライダガーの形状に耐えうる素材はZMCより他にないのだ。問題解決のため、リョウたちは土屋博士と共にZMCの開発者、岡田鉄心を訪ねる。

  • 第28話 焼結!驚異のZMC 鷹羽リョウ完全復活
    第28話 焼結!驚異のZMC 鷹羽リョウ完全復活

    トライダガーを復活させるため、岡田鉄心のもとを訪れたリョウたち。彼らは見事鉄心の心を動かし、ついにトライダガーを復活させた。リョウは生まれ変わったネオトライダガーZMCを手に沖田カイに再戦を挑む。カイはリョウの挑戦を受け、レースをすることに。レース開始、序盤は併走するビークスパイダーとネオトライダガー。やがてどんどん加速していくネオトライダガーにビークスパイダーの空気の刃が襲いかかる。

  • 第29話 激流パニック!ミニ四駆救助隊
    第29話 激流パニック!ミニ四駆救助隊

    週末、藤吉の別荘に遊びに来た烈と豪は、森男と澄夫という兄弟に出会い、ミニ四駆のレースを挑まれた。しかし、ビークスパイダーに憧れるという森男たちに、マシンを壊して楽しんでいるようなヤツとレースはしないと挑戦を断る。なおも挑発を続ける森男たちに我慢できなくなった、烈と豪は結局勝負を受けることにするが、レース中に降りだした雨が豪雨となり…。

  • 第30話 海だ!サルだ!チームワークで大勝負
    第30話 海だ!サルだ!チームワークで大勝負

    烈・豪兄弟はチイコの海の別荘へ行くことになった。ミニ四駆のコースも特別に作り、鷹羽兄弟も呼んで久しぶりに一緒に走らせることに。別荘に到着した豪たちは完成した特設コースに寄ってきた地元の子供たちをレースに誘うが、マシンを盗まれたためできないという。その時、二郎丸がネオトライダガーが何者かに盗まれたと騒ぎ出した!真っ先に疑われた藤吉は豪たちに追いかけられるが、逃げ回るうちに真犯人を見つける。なんとそれは島のサルだった!

  • 第31話 ブロッケンG登場!破壊の重量級マシン
    第31話 ブロッケンG登場!破壊の重量級マシン

    G・J・Cサマーレースという表舞台にビークスパイダーが登場して以来、ミニ四駆の流行はバトルレースに傾いていた。しかし、豪たちミニ四レーサーは正統派のレースでのスピードの追及を続けていた。一方大神博士は、新たなる破壊マシンの開発にのり出していた。それは近藤ゲンのブロッケンギガントである。大神は新マシンを使って豪たちを潰すために、ニュータウン建設現場の遊歩道におびき出しレースをさせる。

  • 第32話 ゆうれいと対決!学校七不思議レース!!
    第32話 ゆうれいと対決!学校七不思議レース!!

    夏休みの登校日、せっかく集まったのだからと、たまみ先生の呼びかけでミニ四駆大会を開催することに。レースは学校内の七不思議が噂されるポイントを通過するコースで行われる。夕方集まった生徒の中には、烈・豪・ジュン、そして火車遊という少年の姿が。その少年は烈・豪たちに幽霊の話をすると、暗闇の中に消え、コースが出来上がる頃には、参加者はたまみ先生と烈・豪・ジュンだけになっていた。仕方なく残った者だけでレースを開始したが…。

  • 第33話 砂嵐の戦い!ルール無用の大神レース
    第33話 砂嵐の戦い!ルール無用の大神レース

    豪たちが家でテレビを見ていると、テレビからファイターの声で、大神カップが開催と参加の募集告知が流れてきた。レース形式はバトルレース。優勝候補にブロッケンギガントの名が!土屋博士はバトルレースに反対するが、バトルレース用のパーツが売れていることで大神に返す言葉がない。烈や豪たちも、レースに出場して正統なマシンの力と走りを見せつけるべく参加を決意した。コースは二重構造のオーバルコース。そしてそれはマシンが落ちると一瞬にしてクラッシュしてしまう人工竜巻が作り出される危険なコースだった!

  • 第34話 キャンプで決戦!追いつめられたJ
    第34話 キャンプで決戦!追いつめられたJ

    夏休みに、豪、烈はジュンや藤吉、まこととキャンプに行く計画を立てていた。このキャンプに、最近元気のないJも誘うことにした。しかしキャンプに行く当日、Jはレイ、ゲンから土屋博士が保管する、ZMC製造法を書いたマニュアルを盗み出すよう命令されていた。Jは昔、レイに命を救ってもらったことがあり、レイには恩があり強く断ることができない。しかし土屋博士を裏切ることはできずに、悩んでいたのだ。

  • 第35話 敵はVマシン!レッツゴー奪回作戦
    第35話 敵はVマシン!レッツゴー奪回作戦

    子供たちがレースをしていると、いきなり金色のバトルマシンが現われた。そのマシンには不気味なドクロのマークが入っていた。金色のマシンは先行するマシンに近づき、鋭利なフロントバンパーをぶつけ、コース外に弾き飛ばすと、マシンを持ち去っていってしまった。豪の学校でもドクロマークのマシン“バンディッツ”のことが噂になっていた。どうやらこれを操っているのは6年生のようだ。豪が“バンディッツ”の英介のところに乗り込み、レースをして勝てば、取り上げたマシンを返すということで勝負をすることに…。

  • 第36話 幻のスコーピオン 伝説のミニ四駆
    第36話 幻のスコーピオン 伝説のミニ四駆

    オータムレースに向けて常設コースでマグナムを走らせていた豪は、佐上から以前年4回ある全国大会に4連覇した人物がいると聞く。その人はなんとミニ四ファイターだった。しかし、ファイターもミニ四駆最大のレース、グレートジャパンカップ全国大会では勝てなかったという。その時、土屋博士に大神から連絡があり、岡田鉄心が作ったマシンの試作品のありかをたずねられる。そのマシンとはZMCを使用して作ったフルカウルマシン「シャイニングスコーピオン」で、大神はそのマシンを使って究極のマシンを作ろうとしていたのだ。

  • 第37話 レイスティンガー!大神の切り札!
    第37話 レイスティンガー!大神の切り札!

    大神研究所では、大神がニューマシンの構想に頭を悩ませていた。新しいマシンには、絶対的な頑強さを誇る新素材、ZMCが必要だった。レイに早くマシンを作ってくれるよう急かされ、焦る大神。一方、土屋博士はミニ四駆の未来のため、海外の研究所で新マシンのプランをまとめる目的で海外行きを決めていた。そして鉄心も土屋とともに海外へ行くことに。ZMCを手に入れるため、大神は鉄心の場所を突き止めると、すでに鉄心はいなかった。だが、釜の爆発跡に大神はZMCの小片を発見し、これだけあれば十分だと喜ぶ…。

  • 第38話 復活!マグナム その名はサイクロン
    第38話 復活!マグナム その名はサイクロン

    レイスティンガーにマグナムを破壊されてしまった豪。しかし、オータムレースの開催の時は刻一刻と近づいている。豪は焦りの中、自分の力でニューマグナムを作ることを決意。土屋博士のデータを見る豪。研究所にあったVプロジェクトマシンにマグナムのデータを組み込んで、マグナムの粉々になったパーツを再利用し、復元させれば、ビクトリーマグナムは復活するらしい。しかし、豪は一度機械の中に放り込んでしまったら、それは自分のマグナムではなくなってしまうように思えると反対する。

  • 第39話 サイクロン上陸!俺は天才デザイナー
    第39話 サイクロン上陸!俺は天才デザイナー

    新ビクトリーマグナムの設計図をJに渡し、図面通りにマシンに仕上げていくぞと、息巻く豪。ただの落書きにしか見えない設計図に途方に暮れるJ。烈はそんなJを気の毒に思っていたが、そのデザインはコンピュータに取り込んで解析してみると、驚いたことに、とんでもないマシンになる可能性が明らかに。それを知り、すっかりデザイナー気取りの豪。Jもそんな可能性を秘めたマシンの製作に魅力を感じるが、オータムレースまであと4日と迫っていた。

  • 第40話 白熱のオータムレース
    第40話 白熱のオータムレース

    驚異的なスピードでサイクロンマグナムは前走車を次々にパスしていった。抜かれたソニック、スピンコブラ、ブラックセイバーもその後を追う。サイクロンマグナムの走りの秘密はダウンフォースにあった。スピードが乗って、空気の壁を突き破ったスーパー・ダウンフォース・マシン、サイクロンマグナムはもう誰にも止められない。しかし大神は絶対的な力の前ではスピードなど何も意味もない。そのことをわからせてやれ!と言うと、レイスティンガーがセイロクに赤外線を発射させ、照射された赤い点を貫いた!

  • 第41話 対立!Jと豪 危うしサイクロン
    第41話 対立!Jと豪 危うしサイクロン

    オータムレースで豪のニューマシン、サイクロンマグナムはゴール寸前で大破、二郎丸のマシンを串刺しにしたまま走るレイスティンガーに敗れた。後日、土屋研究所で調査した結果サイクロンマグナムに初歩的な設計ミスが判明。これを解消するために、豪はJBと同じような空気砲を装着してくれとJに頼む。しかし、その意見にJは憤慨してしまい豪との対立が決定的に…!

  • 第42話 ミニ四師匠 豪!? 秋祭りレース開催
    第42話 ミニ四師匠 豪!? 秋祭りレース開催

    「弟子になりたい」という少年が豪のもとを訪れた。南条隼人、5年生。豪より学年も上、体も大きい。調子に乗った豪は隼人を弟子にし、マシンのセッティングなどを伝授する。隼人は毎日佐上模型店に現れ、豪の指導を熱心に受けていた。そんなある日、秋祭りレースが話題に上ったが、隼人はレースには出られないと言って帰ってしまった。いつも5時には帰ってしまう隼人。おかしいと思った豪が隼人の後をつけてみると、隼人の家は柔道場だった。隼人は柔道家の父親から、ミニ四駆は柔道の邪魔になると反対されていたのだった。

  • 第43話 王子様とレース!ジュン愛逃避行
    第43話 王子様とレース!ジュン愛逃避行

    佐上模型店でいつものようにジュンが店番をしていると、マスクをかぶった少年が空から降りてきた。その少年はモナカ公国のシロント王子。三国コンツェルンの馴染みで今回日本へは極秘で来たのであったが、烈とミニ四駆の勝負がしたくて飛行機を飛び降りてしまったという。一方藤吉は大慌て。烈豪兄弟はこれをニュースで知るが、そこへチイコが協力を求めてきた。あてにされない豪は仕方なく佐上模型店へ行くが、そこでシロントに遭遇。豪はシロントにミニ四駆を教え、組み立てている間に藤吉のよこした『野菜畑の野郎ども』に発見されてしまう。

  • 第44話 マグナム絶好調! 烈のあせり
    第44話 マグナム絶好調! 烈のあせり

    サイクロンマグナム登場以来、烈は弟の豪にどんどん離されていくのを感じていた。一方、豪はサイクロンマグナムのボディ強度に頭を悩ませていた。豪はマグナムのボディ強化のため、Jと研究を始める。何度も失敗を繰り返している豪たちの姿を見た土屋博士は、なんとか手を貸してやろうとするが、そんな土屋博士を鉄心がもう少し見守るよう制止した。試行錯誤している二人を見て、烈は一人でバンガードソニックでサイクロンマグナムを負かしてやろうと頭を悩ませていた。

  • 第45話 烈の裏切り!? ソニックVSマグナム
    第45話 烈の裏切り!? ソニックVSマグナム

    豪の新マシンサイクロンマグナムは、土屋博士がアメリカで開発したボディ強化スプレーによって完成の域に達した。一方、烈は豪の新マシン誕生にかなりのあせりを感じていた。烈はソニックをパワーアップさせるために鉄心と共に大神のもとを訪ねた。大神は烈が自分をやっと認めたのだと思い、研究所で烈に協力しようとする。それを見たレイとゲンはおもしろくなく烈に勝負を挑んできた。すっかり自信をなくしている烈の走りを圧倒する二台のバトルマシン。だが、烈は何度も攻撃を受けているうちに、ひとつの活路を見出したのだった。

  • 第46話 復活のJ! プロトセイバーEVO
    第46話 復活のJ! プロトセイバーEVO

    カイに続いてSG・J・Cの出場権を獲得したレイであったが、大神への不信感は日に日に募っていく。そして鉄心の一言で、レイスティンガーを自分の手で改良しようと試みる。レイスティンガーを改造するレイを見つけた大神は憤慨するが、逆にゲンがSG・J・Cの出場権を取れなかったのは博士のせいと責められる。大神はゲンに出場権をとらせるため、新たにレースを開設し、G・J・Cオフィシャルは大神の提案をのんだ。レースが追加開催されるとゲンだけでなく、黒沢やジュン、チイコにもSG・J・Cへの出場権獲得のチャンスが与えられることになる。そしてそのレースに、しばらく裏方だったJも参加を決意した。

  • 第47話 火花散るラストチャンス!
    第47話 火花散るラストチャンス!

    いよいよSG・J・C出場の最後のチャンス「ビックチャレンジレース」開催が迫ってきた。大神は新たな刺客として、ミニ四駆アメリカチャンピオンのアールという少女を呼び寄せた。アールはアメリカに渡る前、大神研究所にいた少女で、研究所をJが出ていたったという話を聞き、驚きと憎しみをおぼえ闘志を燃やすのであった。そしてレースの日がやってきた。出場者は彼らを含め100人近い。しかしSG・J・Cに出場できるのはその中のたった3人。ミニ四ファイターの合図と共にレースが始まった!

  • 第48話 SGJC開幕!!波乱のスタート
    第48話 SGJC開幕!!波乱のスタート

    SG・J・C最後の参加者4人が決まった。その中のミニ四駆アメリカチャンピオンは、なんとJの姉だったのだ! Jとアールは6年前、大神研究所でミニ四駆の英才教育を受けていた。世界を目指したアールは単身アメリカへ向かったのだが、飛行機の墜落事故に巻き込まれ消息を絶ったのだ。そのアールがアメリカチャンピオンとして帰ってきた。うれしさを隠せないJに対して、アールは冷たい態度を取る。遂にSG・J・C開催された。このレースは3日間で3つのレースが行われる。烈、豪、J,リョウ、藤吉、二郎丸、黒沢、まこと、そしてカイ、ゲン、レイ、アールがスタート地点へ。ミニ四ファイターの掛け声と共にシグナルが青に変わり、初戦がスタートした!

  • 第49話 レッツゴー大苦戦!爆進!破壊軍団
    第49話 レッツゴー大苦戦!爆進!破壊軍団

    SG・J・C初戦は本物のサーキットで行われ、スタートして早くもゲン、アールの2人が脱落。そして残りの10台のうち先頭をレイとカイが争っていた。 1週目を終ってレイ、カイ、豪、リョウ、烈…と次々ピットインし、烈がはじめにピットアウト。レイとカイはそれを見てピットアウト。残る豪はタイヤ交換を行っており、時間を大幅にロス。サイクロンの走りは他のマシンよりもかなりタイヤに負担をかけるものだったのだ。レース中に使用できるタイヤは2セットのみ。タイヤ交換でさらにスピードアップを図ったマグナムは、どんどん前のマシンをパスしていき、遂にトップにおどりでた!

  • 第50話 大激戦!雪山コース 過酷な第2グラウンド!
    第50話 大激戦!雪山コース 過酷な第2グラウンド!

    SG・J・C第2戦Bセクションは荒れ狂う吹雪の雪山で行われた。各レーサーはそれぞれ対雪山用にマシンをセットしている。その中でJの姉アールは、Jに励ましの言葉を残し荷物をまとめてアメリカへと帰っていった。一方大神たちは、今度はゲンを優勝させる作戦を立てていた。レースが始まりマシンは吹雪の中を進んでいくが、烈や豪たちはなかなか思うように走れない。カイ、レイも彼ら同様走ることも、ましてや攻撃を仕掛けることもままならない。そんな中、このレースで優位に立ったのは…!?

  • 第51話 栄光の表彰台!!勝利のミニ四駆
    第51話 栄光の表彰台!!勝利のミニ四駆

    最終戦Cセクション、コースはカーブありトンネルありの湾岸コースだ。これまでのポイントでのトップはレイ、2位にゲン、3位にカイと大神軍団が上位を独占。ついにレーススタート。トップでゴールすることが優勝の第一条件の豪だが、サイクロンマグナムが思うように走ってくれない。コースアウトを恐れた豪はサイクロンマグナムのローラーを多めに付けていたのだ。レイ、カイ、リョウ、烈は先頭集団を形成。烈はピットインした際、大きく遅れる豪にメッセージを残した…。

ページトップへ