お客様の環境は「公認店」ではありません。
こちらからお近くの公認店を検索できます。

フランダースの犬 完結版  フランダースの犬 完結版

この作品もオススメ

フランダースの犬 完結版
フランダースの犬 完結版 (配信数1話)
1975年放送の「フランダースの犬」を完結版として90分に再編集。
■キャスト
ネロ:喜多道枝
ジェハン:及川広夫
アロア:桂玲子
ジョルジュ:駒村クリ子
ポール:菅谷政子
コゼツ:大木民夫
エリーナ:中西妙子
ナレーター:武藤礼子

■原作
ウィーダ(ルイズ・ド・ラ・ラメー)
■企画
佐藤昭司
■構成
おおくぼ由美
■音響監督
早瀬博雪
■作画監督
岡田敏靖
羽根章悦 
■ナレーション
藤田淑子
■脚本
吉田義昭
加瀬高之他
■キャラクターデザイン
森康二 
■プロデューサー
中西仁
田中伸明
■演出
楠葉宏三
(C)NIPPON ANIMATION CO., LTD.

関連しているジャンルの作品

Page Top

次の話

話数一覧

あらすじを見る
  • フランダースの犬 完結版
    フランダースの犬 完結版

    1870年頃のベルギー・フランダース地方に、絵を描くのが得意な少年ネロと祖父ジェハンが貧しいながらも人々の好意に助けられながら暮らしていた。ある日、ネロは金物屋の主人に捨てられた荷車引きの犬パトラッシュを道端で助け、家に連れて帰り一緒に暮らすことにする。元気になったパトラッシュは牛乳運びの仕事を手伝い、いつもネロと一緒に過ごすようになった。しかしジェハンは無理がたたり過労で亡くなってしまい、ネロはたった一人きりになってしまう。貧しいネロに世間の風当たりは厳しく、願いだった絵のコンクールにも落選してしまい、とうとうネロはパトラッシュと共に訪れた教会のルーベンスの絵の前で静かに天に召されていくのだった。

ページトップへ