お客様の環境は「公認店」ではありません。
こちらからお近くの公認店を検索できます。

学園黙示録HIGHSCHOOOL OF THE DEAD  #1 Spring of the Dead

この作品もオススメ

学園黙示録HIGHSCHOOOL OF THE DEAD
学園黙示録HIGHSCHOOOL OF THE DEAD (配信数12話)
私立藤美学園は、たった一人の侵入者-<奴ら>によって地獄の坩堝と化した!<奴ら>は人を襲い、喰らい、新たなる<奴ら>を生みだし学園を席巻。
悪魔の世界と化した学園内で、小室孝と幼馴染の宮本麗、親友の井豪永は、一時避難する。しかし、麗をかばい<奴ら>に噛まれた永は<奴ら>と化してしまう・・・・
残された二人は、他の生き残り、級友の高城沙耶、平野コータ、剣道部主将・毒島冴子、校医の鞠川静香と合流、学園を脱出する決意を固める!彼らに生きのびる術はあるのか!?
小室孝/諏訪部順一
宮本麗/井上麻里奈
毒島冴子/沢城みゆき
高城沙耶/喜多村英梨
平野コータ/檜山修之
鞠川静香/福井裕佳梨
井豪永/宮野真守
希里ありす/竹達彩奈
紫藤浩一/谷山紀章
南リカ/竹内順子
原作:佐藤大輔
原作・作画:佐藤ショウジ(掲載「月刊ドラゴンエイジ」富士見書房刊)
監督:荒木哲郎
シリーズ構成・脚本:黒田洋介
キャラクターデザイン・総作画監督:田中将賀
音響監督:たなかかずや
音楽:和田貴史
アニメーション制作:マッドハウス
(C)佐藤大輔・佐藤ショウジ/富士見書房/H.O.T.D.製作委員会

関連しているジャンルの作品

Page Top

次の話

話数一覧

あらすじを見る
  • #1 Spring of the Dead
    #1 Spring of the Dead

    白昼、惨劇は突然に起きた。私立藤美学園の昼下がり、校門の前に突然、謎の不審者が現れた。事態の収拾にあたる教師たちだが・・・。<奴ら>は男子教師の腕に噛み付くと、教師たちも次々と<奴ら>と化していく。正体不明の侵入者により藤美学園は一瞬のうちに殺戮の舞台となっていく。その出来事を目撃していた2年生の小室孝は、ただならぬ事態に幼馴染の麗の身を案じ教室へと急ぐ。

  • #2 Escape from the Dead
    #2 Escape from the Dead

    <奴ら>の侵入により藤美学園は大混乱に陥ってしまった。平野コータはその状況下でも冷静な高城沙耶と行動を共にすることになる。一方、屋上の天文台に立てこもる孝と麗は、警察官である麗の父親に連絡をとろうとするがうまく繋がらない。そして今にもバリケードを破りそうな<奴ら>を前に、孝たちは屋上からの脱出を決意するのだが。

  • #3 Democracy under the Dead
    #3 Democracy under the Dead

    職員室に逃げ込んだ孝たちはテレビで世界中で同じ現象が起きていることを知る。たった数時間で世界が変わってしまったことに驚きを隠せない孝たち。生き残りの者の中には古武術の心得もある毒島冴子の姿も。冴子はチームを組むことが大切だと説く。孝たちは校医である鞠川静香が運転するマイクロバスで学園からの脱出を試みようとする。しかし校門の前には、いつの間にか増え続けていた<奴ら>の姿が。

  • #4 Running in the Dead.
    #4 Running in the Dead.

    マイクロバスで脱出した鞠川静香たちは幹線道路の渋滞で身動きが取れなくなってしまう。沙耶は途中、別れてしまった孝たちの身を案じていた。一方、孝と麗はバイクで警察署を目指すが無人と化した街には無残な日常の残骸。大破しているパトカーから武器を入手した後、二人は給油のためガソリンスタンドへ立ち寄るのだが・・・。

  • #5 Streets of the Dead.
    #5 Streets of the Dead.

    渋滞で遅々としてすすまないバスの中で、現在の状況を的確に分析する沙耶。混乱の中で生き残る方法を考えようとする。沙耶たちとの合流を急ぐ孝たちだが同じ生存者からの襲撃、当局による交通規制など、市街地のモラルも機能も麻痺をしていた。そんな中、鬱屈としたムードのバス内では教師の紫藤を中心に不穏な勢力が出来上がりつつあった・・・

  • #6 In the Dead of the night.
    #6 In the Dead of the night.

    静香の友人の家で束の間の休息をとる孝たち。入浴中の麗、冴子、沙耶、静香たちをよそに、友人宅のロッカーから武器を入手した孝とコータ。銃器についての深い知識を持つコータに孝は頼もしさと畏敬の念すら覚えるのだった。一方、市街地では橋の警備に当たる警察も混乱を極めていた。指揮系統がダウンした警察は“治安維持”のためにある判断を下す。

  • #7 Dead night and the Dead ruck
    #7 Dead night and the Dead ruck

    静香の友人リカのメゾネットでのつかの間の休息。孝たちは<奴ら>で溢れかえったこの街では「全ての命あるものを救う力などない」と悟る。<奴ら>だけでなく極限下での理性を無くした人間同士の醜い争い・・・今しも少女が<奴ら>の手に落ちようとしたその時、コータの銃が火を噴く!

  • #8 The Dead way home.
    #8 The Dead way home.

    警察の配備が薄い御別川・上流に着岸した孝たちは武装を整え沙耶の自宅を目指すことに。堅牢なハンヴィーを駆って進むが、住宅街においても圧倒的多数の<奴ら>に押し込まれてしまう。仲間のピンチに沙耶までが武器を持ち<奴ら>へ立ち向かう。消耗戦となり、やがて弾丸も尽き、覚悟を決めたその時・・・。

  • #9 The Sward and DEAD.
    #9 The Sward and DEAD.

    別ルートから沙耶の家を目指すことになった孝と冴子。日没により神社での一泊を余儀なくされた二人だが、そこで孝は冴子の心の闇を知る。迫りくる<奴ら>・・・まるで狂気の表情すら浮かべ次々と討ち取っていく冴子。孝は冴子の全てを受け入れると叫ぶ!

  • #10 The Dead’s house rules.
    #10 The Dead’s house rules.

    沙耶の家に到着した一行。高城家のまわりでも更に増え続ける<奴ら>。絶望的な状況、そして大人たちの集団の中で、そこに飲み込まれるか否かが必要だと説く沙耶。屋敷の大人たちから詰問を受けたコータは沙耶の父、壮一郎の前で力強く「沙耶を守りぬく!」と誓う。

  • #11DEAD.STORM RISING.
    #11DEAD.STORM RISING.

    現実から目を背け、状況を受け止めきれない大人たちと、数々の修羅場をくぐり抜けてきた孝たちの間には埋めることのできない決定的な溝ができていた。リーダーとしての自覚に目覚めていく孝。一方、<奴ら>のパンデミックは世界同時多発的に広がっていた。コントロールを失った世界の大国から核ミサイルの閃光が走る!

  • #12 All DEAD’S Attack.
    #12 All DEAD’S Attack.

    大気圏上層で核弾頭が爆発。電磁パルスにより集積回路がダウン、電子機器が不能となった。高城邸に猛然と雪崩れ込む<奴ら>。応戦する孝たちだが、この状態での消耗戦は不利と判断する。ハンヴィーを駆って高城邸脱出を決意する孝、麗、冴子、沙耶、コータ、静香、そしてありす。この先、彼らにはいったい何が待ち受けているのか。

ページトップへ