お客様の環境は「公認店」ではありません。
こちらからお近くの公認店を検索できます。

名探偵コナン(第7シーズン)  第263話 大阪ダブルミステリー 浪花剣士と太閤の城

この作品もオススメ

名探偵コナン(第7シーズン)
名探偵コナン(第7シーズン) (配信数41話)
真実はいつもひとつ!

高校生探偵・工藤新一は、警察もお手上げの難事件を次々と解決するほどの頭脳の持ち主。ある日、幼なじみの毛利蘭と遊園地に遊びに行った時、黒ずくめの男達による怪しげな取引を目撃する。しかし、その仲間に見つかり謎の毒薬を飲まされると、薬の作用でなんと小学1年生になってしまう。困り果てた新一は、隣に住む発明家・阿笠博士の助けを得て、黒ずくめの男達の行方を追うため「江戸川コナン」と名乗り自らの正体を隠す。そして、探偵事務所を営む毛利蘭の家に潜り込むことにした。はたして、新一の体は元に戻るのか?!黒ずくめの男達の正体は!!数々の謎に満ちた怪事件をめぐり、小さな名探偵コナンの活躍が始まった!!
■キャスト
江戸川コナン: 高山みなみ
工藤新一: 山口勝平
毛利蘭 :山崎和佳奈
毛利小五郎: 神谷明
阿笠博士: 緒方賢一
小嶋元太: 高木渉
円谷光彦 :大谷育江
吉田歩美 :岩居由希子
灰原哀: 林原めぐみ
目暮警部 :茶風林
鈴木園子 :松井菜桜子

■原作
青山剛昌(小学館「週刊少年サンデー」連載中)
■企画
諏訪道彦
■プロデューサー
諏訪道彦
吉岡昌仁
■監督
山本泰一郎(263話~303話)
■音楽
大野克夫
■キャラクターデザイン
須藤昌朋・とみながまり(263話)
須藤昌朋(264話~303話)
■原案協力
都築伸一郎・奥山豊彦・浅井認・鳥光裕(263話~303話)
■美術監督
渋谷幸弘(263話~283話)
光元博行(284話~303話)
■美術設定
成田偉保(264話~280話、282話~283話)
成田偉保・中尾陽子(297、298、301~303話)
■色彩設計
村上芳枝(219話)
平出真弓(220話~話262話)
■色彩設計
中尾総子(263話)
平出真弓(264話~303話)
■撮影監督
小川隆久(263話~303話)
■音響監督
小林克良(263話~295話)
浦上靖夫(296話~303話)
■編集
岡田輝満
■ストーリーエディター
飯岡順一
■担当プロデューサー
西村政行(263話)
■アシスタント・プロデューサー
斎藤朋之(263話~303話)
■制作担当
石山桂一(263話)
小林弘明(264話~303話)
■制作
読売テレビ
東京ムービー
(C)青山剛昌/小学館・読売テレビ・TMS 1996

関連しているジャンルの作品

Page Top

次の話

話数一覧

あらすじを見る
  • 第263話 大阪ダブルミステリー 浪花剣士と太閤の城
    第263話 大阪ダブルミステリー 浪花剣士と太閤の城

    平次と和葉の二人が訪れた浪花中央体育館で開催された、近畿剣道大会で殺人事件がおこる。平次の活躍により事件はその日のうちに解決となった。平次の自宅で念願のてっちり料理を堪能したコナンたちだが、翌日大阪城で、またしても巧妙な殺人計画に遭遇することになった。大阪を舞台にした2大殺人事件のスペシャル編。

  • 第264話 法廷の対決 妃VS小五郎(前編)
    第264話 法廷の対決 妃VS小五郎(前編)

    蘭の母・妃英理に対抗する、検察のマドンナ・九条玲子。その彼女の担当する事件の被告人弁護を引き受けることとなった妃は、今回弁護する宇佐美真治という男のアリバイを証明するため調査を開始。妃は、宇佐美の別れた妻に会うために訪れた居酒屋で、小五郎と再会。アリバイの鍵を握っているのは、なんと毛利小五郎だった。

  • 第265話 法廷の対決 妃VS小五郎(後編)
    第265話 法廷の対決 妃VS小五郎(後編)

    蘭の母・妃英理が弁護する宇佐美真治のアリバイの鍵を握っているのは、なんと小五郎だった。しかし、公判当日、小五郎は九条により検察側の証人として呼び出されてしまう。宇佐美のアリバイを証明するために訪れた宇佐美のマンション内で見つけた居酒屋“美枡”のマッチを見て、コナンは事件解決の糸口を見つける。

  • 第266話 バレンタインの真実(事件編)
    第266話 バレンタインの真実(事件編)

    バレンタインデーを目前にして、コナンたちは山奥の吹渡山荘というロッジに行くことになる。ロッジには、二垣というルポライターと恋人の亜子、亜子の友だちの実果、銃を背負った二人連れの中年男性がいた。夕方から吹雪になり、ニホンオオカミの取材の為ロッジを出た二垣を心配する亜子と実果は森の中を捜しに行くが・・・。

  • 第267話 バレンタインの真実(推理編)
    第267話 バレンタインの真実(推理編)

    コナンたちは、山奥の吹渡山荘というロッジでまたしても殺人事件に遭遇してしまった。宿泊客の酒見が言う通り、雪崩でトンネルが埋まってしまったため、警察の到着はいつになるか分からない。二垣が所持していた遺品の中で手掛かりになりそうなは、カメラの中のフィルムだけ。そのフィルムの最後に写っていたものは・・・。

  • 第268話 バレンタインの真実(解決編)
    第268話 バレンタインの真実(解決編)

    吹渡山荘というロッジでおこった殺人事件。チョコレートが事件の謎を解く重要なカギになるとはコナンにも予想できなかった。事件のトリックと犯人に思い当たるコナン。しかし証拠がない。その時、蘭と園子、実果と亜子が昼間チョコレート作りをしていたキッチンの中で、吹雪と共に動かぬ証拠がロッジの中に入ってくる。

  • 第269話 犯罪の忘れ形見(前編)
    第269話 犯罪の忘れ形見(前編)

    死んだ妻の形見の時計を探してほしいと毛利探偵事務所にやってきた護田。小五郎に追い返され、ため息をつく護田に、コナンは時計探しを買って出る。コナンたちは護田の家中を探し回るが、時計は中々見つからない。そして、亡くなった奥さんでないと操作が難しく、護田は使っていないという洗濯機の中を探し始める・・・。

  • 第270話 犯罪の忘れ形見(後編)
    第270話 犯罪の忘れ形見(後編)

    護田のマンションで時計探しの真っ最中に、オーディオルームで映画を鑑賞していた出月映子という中年女性が花瓶で頭を殴られて殺害された。そんな時コナンは、事件の他にもうひとつ気になる情報を聞き、蘭の身を案じるが、目の前の事件の謎を解決するため、戸棚の中で証拠を確認し、オーディオルームに急ぐ。

  • 第271話 隠して急いで省略(前編)
    第271話 隠して急いで省略(前編)

    蘭は黒いニット帽の男が気になって仕方がなかった。バスジャック事件の以前にも会ったはずだが、思い出せない。このことを考えると新一が姿を消した時と同じ不吉な胸騒ぎがする。その帰り道、喫茶店に寄ったコナンたちは、封筒を抱えてうずくまっている男を発見する。その封筒には、『○×△』と血で書かれていた。

  • 第272話 隠して急いで省略(後編)
    第272話 隠して急いで省略(後編)

    下校途中コナンたちは、喫茶店前のエスカレーターで殺人事件に遭遇する。刺殺された中条は抱えている封筒に血で書いた『○×△』というダイイングメッセージを残していた。暗号が何を表すのか、コナンたちにも、目暮警部にも分からなかった。その時コナンはジョディの言葉から、血文字の暗号を解くヒントを得る・・・。

  • 第273話 クイズ婆さん失踪事件
    第273話 クイズ婆さん失踪事件

    コナンたちは、歩美と大森静というお婆さんと一緒に公園で猫の世話を手伝っていた。翌日、約束の時間になっても現れない静を心配したコナンたちは静のアパートに行ってみる。が、静は応答しない。コナンたちは、何の情報も得られなくて困り果てていた。そこへ静が特に可愛がっていたブルースという名の野良猫が現れた・・・。

  • 第274話 幽霊屋敷の真実(前編)
    第274話 幽霊屋敷の真実(前編)

    風邪で寝込んだ蘭は、見舞いに来た園子に「誰かに覗かれているようで怖い」と訴える。「今時、お化けなんて・・・」と笑い飛ばす小五郎に背後から老人が声をかけた。音無芳一というその老人は、コナンに「亡霊を見に来るか?」と誘う。幽霊話に興味を持ったコナンと小五郎は、嫌がる蘭を連れて老人のアパートについていく。

  • 第275話 幽霊屋敷の真実(後編)
    第275話 幽霊屋敷の真実(後編)

    新出医院で出会った老人の「亡霊が出る」という言葉に惹かれてアパートについて行ったコナンたちは、老人の言葉通りの怪現象を体験する。コナンは謎ばかりのアパートに興味津々。窓から覗く不気味な人影と、老人が見たという人魂の仕組みが理解できない。コナンは小五郎にばかり蛾がとまるのを見て、あることに思い当たる。

  • 第276話 警察手帳紛失事件
    第276話 警察手帳紛失事件

    歩美が何かを必死で探し回る高木刑事を見かけたというので、コナン、元太、光彦も歩美と共に公園に駆けつける。高木刑事はこの公園でケンカの仲裁をした後、警察手帳が紛失していることに気づいたと打ち明ける。ケンカをしていたのは半崎という売れない歌手とそのマネージャーの杉山という男だというが・・・。

  • 第277話 英語教師VS西の名探偵(前編)
    第277話 英語教師VS西の名探偵(前編)

    コナンは阿笠博士に小五郎の事件調書の情報が警視庁から盗まれていたことを明かした。黒の組織が関係していると察した阿笠博士は、親友の服部平次を呼び寄せていた。コナンは2人に、杯戸シティホテルの事件の中に犯人のピスコの仲間がいたはずだと話す。コナンと平次は、蘭の高校の英語教師・ジョディを調べ始める・・・。

  • 第278話 英語教師VS西の名探偵(後編)
    第278話 英語教師VS西の名探偵(後編)

    コナンと服部平次は、蘭の高校の英語教師・ジョディが黒の組織のメンバーかもしれないと疑い、ジョディの住むマンションを訪れる。だが、連れ立って食事に出ようとした3人の目の前で隣室の住人・高井が墜落死した。高井はどのようにして窓から落下するように仕向けられたのか。密室殺人事件の謎を解くカギとは・・・。

  • 第279話 迷宮のフーリガン(前編)
    第279話 迷宮のフーリガン(前編)

    コナンたち少年探偵団と阿笠博士は、東都競技場で行われた東京スピリッツ対ノワール東京のサッカーの試合を観戦した。負けたノワール東京の戦力が落ちた原因の一つに、主力FWだった比護選手の移籍があげられる。そんな話をしながら乗った帰りの電車内で、コナンたちはノワール東京の熱狂的サポーター・赤野の悲鳴を聞く。

  • 第280話 迷宮のフーリガン(後編)
    第280話 迷宮のフーリガン(後編)

    コナンたち少年探偵団と阿笠博士が観戦したサッカーの試合の帰りの電車内で、悪名高いフーリガンの赤野が何者かに刺殺された。容疑者と睨んだノワール東京サポーターの吉良蓮絵と大葉悦敏、東京スピリッツサポーターの船戸三昭の3人はそれぞれアリバイを主張し、証明できたのは車輛に乗っていたということだけだった・・・。

  • 第281話 小さな目撃者たち
    第281話 小さな目撃者たち

    歩美、元太、光彦の3人は廃ビルの中で探偵ごっこをしている最中、本物の殺人事件現場を目撃する。歩美は探偵バッジでコナンに連絡を取るが、軽トラックの荷台に飛び乗った元太と光彦を追うはずみでバッジを落としてしまう。軽トラックの荷台で段ボール箱に隠れた3人は死体と一緒にどこかへ運ばれていく。

  • 第282話 水流るる石庭の怪(前編)
    第282話 水流るる石庭の怪(前編)

    山道で車がガス欠し困っていたコナンと蘭、小五郎は、通りかかった木山家具社長の馬島に助けられ、晩餐会に招待された。馬島の勧めで別棟の洋館のサロンに案内されたコナンたちは、そこで社長秘書の橋本、木山インテリア社長の遠藤、フリーライターの木山智則と知り合う。どうやら3人とも馬島に恨みを抱いているらしい・・・。

  • 第283話 水流るる石庭の怪(後編)
    第283話 水流るる石庭の怪(後編)

    木山家具社長の馬島宅に一泊したコナンたちは、翌朝馬島の絞殺死体を発見する。容疑者4人の証言から、事件のトリックを考え続けるコナン。その時、ごみ箱に捨てられていた脅迫状が発見される。

  • 第284話 中華街 雨のデジャビュ(前編)
    第284話 中華街 雨のデジャビュ(前編)

    福引で当てた食事券を使うため、コナンたちは横浜・中華街へとやってきた。そこで川端という映画プロデューサーが蘭をスカウトしたいと声をかけてきた。と、突然、川端が喉元を押さえて苦しみだし死亡した。

  • 第285話 中華街 雨のデジャビュ(後編)
    第285話 中華街 雨のデジャビュ(後編)

    川端の死因となった毒物が入っていたと思われる容器が、小五郎が店に入ってから行っていないトイレで発見された。それでも小五郎を疑う横溝警部に、コナンは事件を再現しながら謎を一つ一つ解き明かしていく。

  • 第286話 工藤新一NYの事件(事件編)
    第286話 工藤新一NYの事件(事件編)

    横浜・中華街で事件が解決した直後、高熱で倒れた蘭は、新一と二人でアメリカに住む新一の両親に会いに行ったときのことを思い出していた。新一の母・有希子に連れられ、ニューヨークに来た15歳の蘭と新一は・・・。

  • 第287話 工藤新一NYの事件(推理編)
    第287話 工藤新一NYの事件(推理編)

    新一の母・有希子に連れられ、ニューヨークに来た15歳の蘭と新一は、ミュージカル「ゴールデンアップル」の楽屋を訪れた。舞台のクライマックス、男優・ヒースが演じる主人公が舞台中央から空中を舞うはずが・・・。

  • 第288話 工藤新一NYの事件(解決編)
    第288話 工藤新一NYの事件(解決編)

    新一の母・有希子に連れられて観たミュージカルの上演中に、主演男優・ヒースが射殺された。犯人は舞台上にいた4人の女優の中にいると考えた新一だが、見知らぬ少年に周囲は秘密を打ち明けるはずがなかった・・・。

  • 第289話 迷いの森の光彦(前編)
    第289話 迷いの森の光彦(前編)

    夏休み恒例のラジオ体操に姿を見せない光彦を心配し、光彦の部屋を訪れたコナンたちは、ラジオ体操の出席カードから、光彦が計画してどこかへ行ったと考える。真面目な光彦が単独行動を取る理由は何なのか?

  • 第290話 迷いの森の光彦(後編)
    第290話 迷いの森の光彦(後編)

    内緒で出かけてしまった光彦を探すため群馬県のある森の中までやって来たコナンたちは、群馬県警の山村刑事と出会い、連続殺人犯・沼淵が森の中に逃亡したことを知る。光彦の身を案じ、探偵バッジで呼びかけるが・・・。

  • 第291話 孤島の姫と龍宮城(事件編)
    第291話 孤島の姫と龍宮城(事件編)

    小五郎と平次の東西推理対決というテレビの企画で、コナンたちは沖縄にやって来た。二人が推理するのは、1年前、『鬼亀島』と呼ばれる無人島で奇妙な文字を背にして餓死した男の遺体が発見されたという事件だった。

  • 第292話 孤島の姫と龍宮城(追求編)
    第292話 孤島の姫と龍宮城(追求編)

    東西推理対決というテレビの企画で沖縄にやって来た平次とコナンたち。ロケの下見で行った無人島で、スタッフの伊江が絞殺死体で発見される。救助を待つ金城家の別荘で、コナンたちは金城家の不幸な事件の話を聞く。

  • 第293話 孤島の姫と龍宮城(解決編)
    第293話 孤島の姫と龍宮城(解決編)

    小五郎と平次の東西推理対決というテレビの企画で、コナンたちは沖縄にやって来た。島の町長・金城の周辺で起きた事件の数々は、今回の事件と関わりがあるのか?コナンと平次は伊江と下地の殺害方法の違い、別荘の椅子に書かれた名前の不自然さ、そして蘭と和葉との会話から、伊江を殺した犯人のトリックに気づく。

  • 第294話 愛と決断のスマッシュ(前編)
    第294話 愛と決断のスマッシュ(前編)

    コナンと少年探偵団、蘭、園子、小五郎は飛行機で熊本にやって来た。観光している道中、園子が携帯電話を拾いメール画面を示す。そこには「その子・・・会いたい!明日11時に待っている」とある。園子は自分と同名のその子の恋の手助けをしようと、直接待ち合わせ場所に行き、メールの差出人に携帯電話を渡そうと考える。

  • 第295話 愛と決断のスマッシュ(後編)
    第295話 愛と決断のスマッシュ(後編)

    汚職疑惑の渦中にある国会議員・成増健三の主催するテニス大会に参加するため熊本にやって来たコナンたち。試合会場を抜け出して携帯電話を届けに行く最中、蘭が何者かに誘拐された。あせるコナン。蘭が伝えてきた"殺人計画"は進行しているに違いない。計画の全容をつかむためにも、蘭の居場所を早く突き止めねば・・・。

  • 第296話 屋形船 釣りショック
    第296話 屋形船 釣りショック

    小五郎とコナン、蘭は、工務店社長・河井に招待され、河井の知り合いの金融業者・山崎と共に屋形船に乗りこんだ。米花湾の中程で、コナンたちは対岸の夜景と花火を楽しみながら料理をごちそうになり、河井と山崎は舳先で釣りをしていた。その時、河井たちにビールを届けに行った船長の娘・サオリの悲鳴が聞こえる。

  • 第297話 法廷の対決Ⅱ 妃VS九条(前編)
    第297話 法廷の対決Ⅱ 妃VS九条(前編)

    蘭の母で弁護士の英理は、検察のマドンナ・九条玲子検事の担当する事件の被告の当番弁護士を引き受けた。事件は不動産業の事務所で社長の他殺死体が発見され、事務所荒らしの常習犯の井上隆志が逮捕されたというもの。井上は空き巣の現場を社長に見つかり、争いになり社長の頭をガラスの灰皿で殴ったと自供したが・・・。

  • 第298話 法廷の対決Ⅱ 妃VS九条(後編)
    第298話 法廷の対決Ⅱ 妃VS九条(後編)

    蘭の母・英理が当番弁護士を引き受けた事件の公判が始まり、九条は井上に大津を殺害する動機があることを明かし、英理を窮地に追い込む。コナンは小五郎と共に殺害現場に行き、大津殺害の瞬間にトリックが存在したことに気づく。事件現場の社長室を調べるのに立ち合った有馬の証言から、コナンは事件の真相に思い当たる。

  • 第299話 友情と殺意の関門海峡(前編)
    第299話 友情と殺意の関門海峡(前編)

    観光のため山口県下関市にやってきたコナンたちは、そこで、秋田谷徹、野島栄子、大坪圭介、井坂茜と知り合う。4人は自殺したもう一人の仲間、本堂和行の13回忌と、大坪と茜の婚約を祝うために集まったのだという。その夜、4人に案内された先で、本堂を自殺に追い込んだ張本人だという針尾という男が現れた。

  • 第300話 友情と殺意の関門海峡(後編)
    第300話 友情と殺意の関門海峡(後編)

    コナンたちは針尾の殺害現場に遭遇し、小五郎は前日に知り合った4人を事情聴取することを提案する。下関警察署に集められた4人は、それぞれアリバイを主張。針尾に変装して犯行時刻を偽装することが犯人の狙いだ。それが事実ならば、誰にでも針尾の殺害は可能。謎を解く突破口を見つけたコナンは、聞き込みを始める。

  • 第301話 悪意と聖者の行進(前編)
    第301話 悪意と聖者の行進(前編)

    コナンたち少年探偵団の子供たちは、阿笠博士と一緒に東京スピリッツの優勝パレードを見にやってきた。スター選手のヒデやナオキを生で見ようと大群衆が沿道に押しかけている中、コナンたちは捜査のために変装した佐藤刑事・白鳥警部と遭遇する。本庁に妙なファックスが届き、それが以前に関わった事件と似ているのだ。

  • 第302話 悪意と聖者の行進(後編)
    第302話 悪意と聖者の行進(後編)

    コナンたち少年探偵団の子供たちは、阿笠博士と一緒に東京スピリッツの優勝パレードを見にやってきた。だが、このパレードを妨害するというファックスが送られ、コナンたちの目の前で高木刑事の車が爆発。コナンは、爆発の直前に撮影していたテープの中を見て、ビデオに映っていないものに事件のカギがあるとにらむ。

  • 第303話 戻って来た被害者
    第303話 戻って来た被害者

    最近、曙町で連続している空き巣事件の犯人を捕まえようと、コナン、歩美、元太、光彦は曙町にやってきた。人通りのない住宅街で手がかりを探していると、傍らのマンションから女性の悲鳴が聞こえてきた。コナンたちが駆けつけると、部屋の主・細野早苗がソファを指さしている。そこでコナンは、老女の他殺死体を発見する。

ページトップへ