お客様の環境は「公認店」ではありません。
こちらからお近くの公認店を検索できます。

gdgd妖精s(ぐだぐだフェアリーズ)第1期  #1 睡眠/メンタルとタイムのルーム/アフレ湖

この作品もオススメ

gdgd妖精s(ぐだぐだフェアリーズ)第1期
gdgd妖精s(ぐだぐだフェアリーズ)第1期 (配信数12話)
ピクピク、シルシル、コロコロは「妖精の森」に住む小さな妖精さん。森のおうちに集まって仲良くお話したり・・・自由に魔法を使えちゃう「メンタルとタイムのルーム」で思いっきり遊んだり・・・他の世界を覗き見できちゃう「アフレ湖」では色々な想像をしてみたり・・・とにかく楽しいことがいっぱい!みんなも妖精たちとgdgdな時間を過ごしちゃおう!
ピクピク:三森すずこ
シルシル:水原薫
コロコロ:明坂聡美
 
企画・映像監督・キャラデザイン:菅原 そうた
演出・脚本・構成:石舘 光太郎
企画プロデューサー:福原 和晃
別所 敬司(SMP)
アシスタントプロデューサー:重藤 昌史
音楽:井上 純一
音効:徳永 義明
音響制作・アドバイザー:坂本 公一
録音調整:山田 明寛
録音助手・編集:海老澤 佑佳
製作:2代目gdgd妖精s
(C)2代目gdgd妖精s

関連しているジャンルの作品

Page Top

次の話

話数一覧

あらすじを見る
  • #1 睡眠/メンタルとタイムのルーム/アフレ湖
    #1 睡眠/メンタルとタイムのルーム/アフレ湖

    (gdgdティータイム) 『睡眠』 ・8時間も寝たのに眠くなっちゃうピクピク。『どうしたら眠くなくなるんだろうね?』 ピクピクの疑問にシルシルとコロコロが答えていくのだが・・・。 (メンタルとタイムのルーム) ・魔力の弱い妖精たちでも自由に魔法を使える特殊な部屋。この「メンタルとタイムのルーム」で魔法を使ったしりとりを始めると・・・。 (アフレ湖) ・違う世界が見える「アフレ湖」を覗くと、そこには「超兄貴」の姿が・・・!

  • #2 小さな幸せ/メンタルとタイムのルーム/アフレ湖
    #2 小さな幸せ/メンタルとタイムのルーム/アフレ湖

    (gdgdティータイム)『小さな幸せ』 ・四つ葉のクローバーを見つけてご機嫌のピクピク。「小さな幸せ」を話しているうちに話はどんどん深くなり・・・。 3人にとって、また妖精にとって「小さな幸せ」とは!?そして最後にはピクピクの涙が・・・。 (メンタルとタイムのルーム) ・魔力の弱い妖精でも自由に魔法の力を使える部屋「メンタルとタイムのルーム」で「運動会の新しい競技を考えてみることに・・・。壮大なバンジージャンプを使っての「パン食い競争」から始まるが、果たしてその結末は・・・。 (アフレ湖) ・違う世界が見える「アフレ湖」を覗くと、そこには巨大なニワトリが・・・。結びで発する、まさかの「滲みでるエロス」とは一体!?

  • #3 ウワサ/メンタルとタイムのルーム/アフレ湖
    #3 ウワサ/メンタルとタイムのルーム/アフレ湖

    (gdgdティータイム)『ウワサ』 ・くしゃみが止まらないピクちゃん。くしゃみをすると誰かがウワサしているというウワサが・・・。まことしやかに 流れるピクちゃんのウワサとは!? (メンタルとタイムのルーム) ・魔力の弱い妖精たちでも自由に魔法を使える特殊な部屋。前回の反省を活かし、今度こそ「新しい競技」を 考えてみることに! (アフレ湖) ・違う世界を見ることができる「アフレ湖」を覗くと、そこには奴が!妖精たちのテンションを惑わせるのは ヤツの魔力なのだろうか!?

  • #4 ナミダ/メンタルとタイムのルーム/アフレ湖
    #4 ナミダ/メンタルとタイムのルーム/アフレ湖

    (gdgdティータイム)『ナミダ』 ・昨晩泣いて目が腫れちゃったピクちゃん。ナミダって悲しい時も嬉しい時も流れる不思議なもの・・・。 そんなナミダの話から、ある陰謀が発覚する・・・。 (メンタルとタイムのルーム) ・魔力の弱い妖精たちでも自由に魔法を使える特殊な部屋。今回は妖精たちが「RPG」の世界へ! そこに待ち受ける猛者とは一体・・・。 (アフレ湖) ・違う世界が見える「アフレ湖」を覗くと、そこには壮絶なバトルを繰り広げる男が二人・・・。

  • #5 待ち時間/メンタルとタイムのルーム/アフレ湖
    #5 待ち時間/メンタルとタイムのルーム/アフレ湖

    (gdgdティータイム)『待ち時間』 ・集合に10分遅れてきたシルちゃん。いつも遅刻しちゃうのには驚愕の深い理由が・・・。 (メンタルとタイムのルーム) ・※今回はお休みです。 (アフレ湖) ・違う世界が見える「アフレ湖」を覗くと、そこには誰もが観たことがある!?あの銀幕のスターがいた・・・。

  • #6 前回までのgdgd妖精s/メンタルとタイムのルーム/アフレ湖
    #6 前回までのgdgd妖精s/メンタルとタイムのルーム/アフレ湖

    (gdgdティータイム)  ・※今回の「gdgdティータイム」はお休みです。 (メンタルとタイムのルーム) ・今回はパーティーゲームで盛り上がっちゃおう!妖精たちが魔法で登場させたアウトドア型?パーティーゲームはどこか懐かしさの感じるゲームであったが、意外にもシュールな結末に向かってしまう・・・。 (アフレ湖) ・「アフレ湖」を覗き見ると、そこには「あのサブキャラクター」が期待に応えて再登場する。歓喜と焦り、そして最後にはコロコロが荒ぶる・・・とんだ顛末に!?

  • #7 一日一善/メンタルとタイムのルーム/アフレ湖
    #7 一日一善/メンタルとタイムのルーム/アフレ湖

    (gdgdティータイム) 『一日一善』 ・ひょんなことから「一日一善」に目覚めたシルちゃん。ベストな「一日一善」をめぐって議論が白熱するのだが・・・コロちゃんの切り返しに、ますます悩みが増えてしまうピクちゃん&シルちゃん。「一日一善」」は思うより難しい? (メンタルとタイムのルーム) ・今回の「メンタルとタイムのルーム」ではドミノ仕掛けの巨大装置を使って遊ぶが・・・結局遊ばれちゃった!? (アフレ湖) ・違った世界を覗ける「アフレ湖」、そこには黒い鎧をまとったイケメンが!だがイケメン関係なしで、妄想は明後日の方向へ・・・

  • #8 ことわざ/メンタルとタイムのルーム/アフレ湖
    #8 ことわざ/メンタルとタイムのルーム/アフレ湖

    (gdgdティータイム) 『ことわざ』 ・日常良く使われる「ことわざ」が、何故か気になり始める妖精たち・・。すったもんだの挙句に話は堂々巡り。お後がよろしいようで・・・。 (メンタルとタイムのルーム) ・インターネットの「生放送」を使い、妖精の森を知ってもらおうと、あの手この手で魔法を繰り出して視聴者を虜にしようとする妖精たち。「妖精の森PR大作戦」!!だが、その結末は・・・。 (アフレ湖) ・※今回はお休みです!

  • #9 趣味/メンタルとタイムのルーム/アフレ湖
    #9 趣味/メンタルとタイムのルーム/アフレ湖

    (gdgdティータイム)『趣味』 ・森のおうちでのティータイム、今回はそれぞれが好きな「趣味」について考える。面白い趣味はないものか・・・と話は弾むが、コロちゃん発案の「一ひねり」で意外な展開に・・・。 (メンタルとタイムのルーム) ・妖精たちが思い馳せる「憧れのおうち」がテーマ。ピクちゃんは可愛らしい「お菓子のおうち」を魔法で繰り出すが、よ~く見てみると妙な趣味の素材がそこには使われている・・・。コロちゃんが魔法で繰り出したその家はかの有名ゲームの雰囲気たっぷり、でも楽しいだけでは終わらず・・・。 (アフレ湖) ・「七色マン」が登場。妖精たちは思い思いにアフレコに興じるが・・・。コロちゃんのニッチ過ぎる話題提供が爆笑を誘うハメに・・・。

  • #10 最後の一日/メンタルとタイムのルーム/アフレ湖
    #10 最後の一日/メンタルとタイムのルーム/アフレ湖

    (gdgdティータイム) 『最後の3日』 ・地球滅亡までの3日間~何をするのか・・・壮大なテーマをもとに妖精たちのお茶会は始まるが、どうも会話は斜め上の奇想天外な方向へ進みだす・・・。 (メンタルとタイムのルーム) ・今回のメンタルとタイムのルームは妖精たちの考える「ドッキリ」をテーマに送るのだが、最後のドンデン返しに まさかの展開が待っているとは・・・。 (アフレ湖) ・ホラー的クリーチャーの登場に、あらゆる角度からのアフレコが展開されハイテンションで進んでいくが・・・。

  • #11 前回までの未公開gdgd妖精s/メンタルとタイムのルーム/アフレ湖
    #11 前回までの未公開gdgd妖精s/メンタルとタイムのルーム/アフレ湖

    (gdgdティータイム)  ・※今回の「gdgdティータイム」はお休みです。 (メンタルとタイムのルーム) ・今回のメンタルとタイムのルームは、“あらゆる敵を想定した「危機回避マニュアル」”を作ろうと妖精たちが試みる。難敵たちの登場の前に、妖精界に歴史を刻むマニュアルは果たしてコンプリートできたのであろうか・・・。 (アフレ湖) ・違う世界を覗き見ることができる「アフレ湖」。4度目の登場となるヤツに絶叫!レギュラーキャラクターに仕上げんばかりのアフレコで大盛り上がり!

  • #12 終わりなき追憶の彼方に~Eternal~
    #12 終わりなき追憶の彼方に~Eternal~

    ※最終話特別回 時は流れ10年以上を経た森のおうち。妖精たちは人間とのわだかまりのために離ればなれになってしまっていた。引き裂かれた過去を哀しみながらコロコロはたたずむ・・・。そこへ残されたピクピクのステッキが光を放つ!希望への導きか・・・、友だちとの再会は叶うのか・・・。そして・・・「gdgd妖精s」は本当に終わってしまうのであろうか・・・。

ページトップへ