お客様の環境は「公認店」ではありません。
こちらからお近くの公認店を検索できます。

天装戦隊ゴセイジャー  epic1「護星天使、降臨」

この作品もオススメ

天装戦隊ゴセイジャー
天装戦隊ゴセイジャー (配信数50話)
地球を護るは、天使の使命!

平和なはずのある日、宇宙からの侵略軍団・ウォースターが現れ、護星天使の住む『護星界』と地上との懸け橋である『天の塔』を破壊してしまう。護星天使が地上へ降りる道が閉ざされ、護る者の居なくなった地球だったが、偶然地上を訪れていた5人の見習い護星天使たちが、地球を魔の手から守るために立ち上がった。スカイック族のアラタとエリ、ランディック族のアグリとモネ、シーイック族のハイドは団結し、『天装戦隊ゴセイジャー』に変身する。自らの使命「この地球(ほし)を護る」ために、いま巨大な敵に立ち向かう!
アラタ(ゴセイレッド):千葉雄大
エリ(ゴセイピンク):さとう里香
アグリ(ゴセイブラック):浜尾京介
モネ(ゴセイイエロー):にわみきほ
ハイド(ゴセイブルー):小野健斗
天知望:中村咲哉
天知博士:山田ルイ53世
ゴセイナイトの声:小西克幸
データスの声:宮田幸季
マスターヘッドの声:沢木郁也

原作:八手三郎
脚本:横手美智子/荒川稔久/大和屋暁/八手三郎/下山健人/香村純子/石橋大助
監督:長石多可男/諸田敏/竹本昇/渡辺勝也/中澤祥次郎/加藤弘之/鈴村展弘
音楽:三宅一徳
(C)2010 テレビ朝日・東映AG・東映

関連しているジャンルの作品

Page Top

次の話

話数一覧

あらすじを見る
  • epic1「護星天使、降臨」
    epic1「護星天使、降臨」

    宇宙虐滅軍団ウォースターの幹部・流星のデレプタが、護星界と地上との懸け橋である天の塔を破壊した。その時たまたま護星界から地上研修に来ていた見習い護星天使5人組、アラタ、エリ、アグリ、モネ、ハイドは、危機にさらされた地球とここに生る者たちを護るため団結する。見習い天使たちは地球を護ることができるのか?

  • epic2「ファンタスティック・ゴセイジャー」
    epic2「ファンタスティック・ゴセイジャー」

    デレプタの出現は、ウォースターのゴセイジャーに対する宣戦布告だった。自分たちの使命である「地球を護る」決意を新たにする護星天使たち。しかし、単独行動に走るランディック族の2人や、「天の塔」が崩壊して以来連絡のつかない護星界の長・マスターヘッドとの連絡を優先するハイドなど、足並みが揃わない。

  • epic3「ランディックパワー、分裂」
    epic3「ランディックパワー、分裂」

    モネの感情に任せる直情径行の戦闘スタイルに「基本が大事」と釘をさすアグリだが、モネは納得いかない。そんな中、氷雪のユウゼイクスが現れ、街を凍てつかせてしまう。吹雪に見舞われ、倒れていく人々のもとに駆けつけるゴセイジャーたち。モネは、一人前であることを証明しようとユウゼイクスに突進していくのだが―。

  • epic4「響け、天使の歌」
    epic4「響け、天使の歌」

    護星天使たちは望の家・天知天文研究所に引っ越し、部屋の掃除に大忙し。特にアラタとエリは、家具の配置や塗り替え、花壇の手入れまで楽しそうにこなしていく。そんななか、ミューズィックのマズアータが街中に不協和音を響かせる。マズアータが出す猛烈な音の影響で人々が倒れていく中駆けつけるゴセイジャーだが―。

  • epic5「マジカル・ハイド」
    epic5「マジカル・ハイド」

    子供たちの間に『天才風邪』が流行っているという。高熱にうなされ苦しむ代わりに頭がよくなるので、親たちがこぞって感染をさせようとしていた。ハイドはアグリと買い物に出掛けている最中、女性の悲鳴を耳にする。駆け付けると、そこには流感のウチュセルゾーに追われるウィルス研究の権威・敷島蓮子の姿があった。

  • epic6「ブレイクアウト・ゴセイジャー」
    epic6「ブレイクアウト・ゴセイジャー」

    逆上がりができず落ち込む望を勇気づけるため、アラタは自分も逆上がりに挑戦することを宣言する。実は過去にデレプタに受けた傷のため、逆上がりさえすることが困難なアラタだったが、どんな事にも「世の中にムダな事はない」と望に言い聞かせる。一方、街では韋駄天のヒドウが暴れ、破壊活動を始める。

  • epic7「大地を護れ!」
    epic7「大地を護れ!」

    ゴセイジャー達は、街で大きな荷物をかかえ足元のおぼつか無い丈太郎に出会う。助けてあげようとするアグリに「荷物を奪うつもりじゃな!」とあらぬ疑いをかける丈太郎は、突拍子もない勝負をアグリに持ちかける。丈太郎の荷物とエリを賭けて勝負をしようというのだ。なりゆきで相撲をとることになるアグリと丈太郎だが…。

  • epic8「ゴセイパワー、暴走」
    epic8「ゴセイパワー、暴走」

    街にでたらめのファンダホーが出現し、生活機能を乱し始める。駆けつけるゴセイジャーたち。しかし攻撃をくらったアラタはファンダホーが姿を消した後も変身を解くことができない。どうやらファンダホーの持つ命令中枢のバランスを乱す力の影響で、アラタはゴセイパワーをうまくコントロールできなくなってしまったらしい。

  • epic9「ガッチャ☆ゴセイガールズ」
    epic9「ガッチャ☆ゴセイガールズ」

    エリのだらしない生活態度に我慢できないモネは、ゴセイジャーのメンバーを集めて熱血指導を開始。ところが、マイペースなエリはその熱意を吸収するほどに、どこまでも我が道を行く。結局アラタが、エリとモネの間で押し問答の板挟みになるのだった…。一方、ブスワ星人・女王蜂のイリアンが世の男性たちを襲い始める。

  • epic10「ハイドの相棒」
    epic10「ハイドの相棒」

    シーイック族のハイドには、ゴセイジャーの他のメンバーと違い相棒がいない。花束を海に手向け、ひとり海岸に佇むハイド。そのハイドの眼前に突如、ウォースター・5000℃のクラスニーゴが現れた。「おまえは…、なぜ生きている!」クラスニーゴこそが、かつてハイドの相棒であるマジスを倒した張本人だった。

  • epic11「スパーク・ランディックパワー」
    epic11「スパーク・ランディックパワー」

    早朝、ひとり身支度をして天文研究所を出ていくモネ。気になった4人がモネの後をついていくと、そこには激しく、そして完璧にチアダンスを踊るモネの姿があった。実は難しい手術を待つ少女に勇気を与えるため、チアダンスの猛特訓をしていたのだ。ダンスは大成功、少女は手術を乗り越える力を得ることができた。

  • epic12「ミラクル・ゴセイヘッダー大集合」
    epic12「ミラクル・ゴセイヘッダー大集合」

    度重なる作戦の失敗に業を煮やしたウォースターの首領、モンス・ドレイクはデレプタとの共謀作戦に出ることを決意する。一方、ゴセイジャーたちはウォースター討伐に向けての手応えをおぼえていた。「今の俺たちなら倒せるんじゃないか」と。こうして地球の明暗を賭けた戦いの火蓋が切って落とされた!

  • epic13「走れ!ミスティックランナー」
    epic13「走れ!ミスティックランナー」

    ホグンロ星人・変わり種のパワードダークが、ゴセイジャー打倒に向けて作戦を始動させる。パワードダークの前に苦戦を強いられるが、アラタが全力で繰り出すコンプレッサンダーの天装術だけが見事炸裂した。続けてエリがコンプレッサンダーを放つ…、と思いきや、「私、コンプレッサンダー使えない!」

  • epic14「最強タッグ誕生!」
    epic14「最強タッグ誕生!」

    ミスティックブラザーの前に彗星のブレドランが退けられたウォースター。モンス・ドレイクは新たなる幹部・衛星のターゲイトを地球に呼び寄せる。空間を操ることのできるターゲイトは早速地球のあらゆるものを空間の歪みに引きずり込み、生命を異次元へと消滅させていく。

  • epic15「カウントダウン!地球の命」
    epic15「カウントダウン!地球の命」

    ドレイクは遂に地球人に対して宣言する。「これより24時間以内に、この星のすべての生命を一掃する!」 ゴセイジャー達はドレイクの今まで見せたことのない姿、その本当の力の前になす術なく攻撃を浴び、倒れてしまう。始まった地球の命のカウントダウン。迫りくるUFО。一体、地球はどうなってしまうのか!?

  • epic16「ダイナミックアラタ」
    epic16「ダイナミックアラタ」

    遂にモンス・ドレイクを倒しウォースター壊滅に成功したゴセイジャーたち。落ち着きを取り戻した地球の姿に歓喜し、久しぶりの平穏に盛り上がっていた。そんななか一人、真剣な表情で考え込む様子のアラタがいる。「なんか胸騒ぎがする…。」アラタだけは何者かの邪悪な動きを感じ取っていた。

  • epic17「新たな敵!幽魔獣」
    epic17「新たな敵!幽魔獣」

    アラタが邪悪な気配を感じ取り、他のメンバーを瘴気の立ち込める沼地に案内すると、そこで5人は見たこともないほど大きな足跡を発見するのだった。捜索を始めるゴセイジャーの前に現れたのは、足跡の主であり地球を毒で満たし汚染しようとする地球犠獄集団・幽魔獣だった! 

  • epic18「地球を浄める宿命の騎士」
    epic18「地球を浄める宿命の騎士」

    地球を脅かす幽魔獣の復活に、護星の使命の誓いを新たにするゴセイジャーだが、そんな中ゴセイナイトが工場を破壊しているとのニュースが飛び込んでくる。ゴセイナイトを止めるために駆けつける5人だったが、『地球を汚すものはなんであろうと許さない』という強い使命を持ったゴセイナイトの前に歯がたたない。

  • epic19「ゴセイナイトは許さない」
    epic19「ゴセイナイトは許さない」

    ゴセイナイトのパワーを利用しようと、チュパカブラの武レドランは幽魔獣・河童のギエム郎(ロウ)を呼びだす。ギエム郎は早速街で人々を襲い、ゴセイナイトをおびき寄せる作戦にでる。駆けつけるゴセイジャーたちだが、凄まじいパワーと周囲の人に向けたギエム郎の攻撃の前に太刀打ちできない。

  • epic20「フォーリンラブ・ゴセイジャー」
    epic20「フォーリンラブ・ゴセイジャー」

    望のすすめもあり、ゴセイジャーは恋に悩む少年・拓也の恋のキューピッド役をかってでる。恋愛についてはあまりピンとこない5人だが、天知博士の「恋は戦いです」という言葉をヒントに様々なアドバイスで拓也を勇気づける。感化された拓也は次々とアタックを繰り返していく。

  • epic21「エレガント・エリ」
    epic21「エレガント・エリ」

    街に幽魔獣・グレムリンのワライコ僧(ゾウ)が出現し、襲われたケーキ店の店長が怪我を負ってしまう。困り果てる店長にエリは、突如としてパティシエールになることを宣言。カンだけを頼りにケーキを焼こうとするが、ゴセイナイトはケーキ作りを優先し幽魔獣をそのままにするエリのことを非難する。

  • epic22「オーバー・ザ・レインボー」
    epic22「オーバー・ザ・レインボー」

    ブロブの膜インが呼び寄せたのは、幽魔獣の中でも名を馳せるネッシーのウオボ渦(ウズ)だった。その強さは一万年前にゴセイナイトを退けたほどだという。そのウオボ渦が街に現れた。人々の影を次々と奪い取り、影を奪われた者は途端に倒れ伏してしまう。

  • epic23「燃えろ!ゴセイジャー」
    epic23「燃えろ!ゴセイジャー」

    エリ、モネ、望、天知博士の4人は「留守番お願いね!」とゴセイジャーの男性メンバーを残し、花火大会に出かけてしまう。ビーチに到着し場所取りをする4人の上空で、昼間だというのにきれいな打ち上げ花火があがる。見とれる4人だったが、急に身体がカッカ熱くなりおさまらない。

  • epic24「ミラクルアタック・ゴセイジャー」
    epic24「ミラクルアタック・ゴセイジャー」

    幽魔獣・ブロッケン妖怪のセマッタ霊(レイ)が暴れている街に辿りついたゴセイジャーは、即座にゴセイグレートで出撃し応戦するが、攻撃をしても、まったく手応えがない。そんな中、セマッタ霊は倒したはずの幽魔獣たちを甦らせ、ゴセイジャーを窮地に追い込んでいく。

  • epic25「ノスタルジック・モネ」
    epic25「ノスタルジック・モネ」

    最近不思議な夢ばかりみるモネ。護星界のような空間で、どこか懐かしい感じの女性と会う夢だ。そんな時、モネの前に一人の女性が現れる。モネの母親である。正に夢で見ていたその姿に、モネは驚きながらも喜びを隠せない。「私と一緒に護星界に帰りましょ」と母親に抱きしめられたモネは……。

  • epic26「護星天使、爆笑!」
    epic26「護星天使、爆笑!」

    街でお笑いライブを楽しんでいる護星天使たち5人。しかし、ハイドだけはなにが面白いのかわからない。そこへ突然、幽魔獣・天狗のヒッ斗(斗)が登場。その瓢箪の中に笑っている人々を吸い込んでしまった。ゴセイジャーは、笑いに対して耐性がある(?)ハイドとゴセイナイトを先頭にしてヒッ斗の攻撃に立ち向かう。

  • epic27「目覚めろ、アグリ!」
    epic27「目覚めろ、アグリ!」

    街に幽魔獣・人魚のジョ言(ゴン)が現れた。天知研究所に戻ったゴセイジャーたちが、取り逃がしたジョ言を追う作戦を練っていると、アグリは耳を疑うような声を聞いてしまう。それは、ゴセイジャーの他の4人がアグリの陰口を言っているというもので…。ジョ言の攻撃のせいだとは知らないアグリはショックを受ける。

  • epic28「おとうさんの宝物」
    epic28「おとうさんの宝物」

    筋(キン)グゴンの勝手な行動にほころびを見せ始めた幽魔獣だが、遮光器土偶(しゃこうきどぐう)のピカリ眼(メ)が膜(マク)インのもとに現れ、膜インも機嫌を取り戻す。ピカリ眼の発する光を浴びた人間は意識や感情がなくなり、言いなりになってしまうのだが、その魔の手は望にまで及んでしまい……。

  • epic29「ゴセイジャーを封印せよ!」
    epic29「ゴセイジャーを封印せよ!」

    遂にチュパカブラの武(ブ)レドランがエルレイの匣(はこ)の力を利用した凶暴な作戦にでる。街で人々を襲い、ゴセイジャーをおびき寄せた武レドランはエルレイの匣をゴセイジャーに向ける。そしてミラクルゴセイヘッダーを封印することにまんまと成功するのだった。

  • epic30「ロマンティック・エリ」
    epic30「ロマンティック・エリ」

    エリは護星祭のことで頭がいっぱい。護星祭とは「地球の平和に感謝し、未来の地球の平和を祈るため」の護星界の伝統的なお祭りである。エリはゴセイカードに次々と願い事を書いていき終始満面の笑顔。一方で、幽魔獣はエルレイの匣の力を利用する実験に乗り出す。

  • epic31「ネバーギブアップ!ゴセイジャー」
    epic31「ネバーギブアップ!ゴセイジャー」

    エルレイの匣(はこ)が持つ底知れぬパワーを身を持って知った膜(マク)インと筋(キン)グゴンは、その力を利用した総力戦にでる。「地球は3日でぶよぶよに腐った星になるよ!」と、いき込む膜イン。望の誕生日が明日に迫りお祝いムードのゴセイジャーだったが、幽魔獣の空前絶後の地球腐敗作戦になす術がない。

  • epic32「究極の奇跡を起こせ!」
    epic32「究極の奇跡を起こせ!」

    望の誕生日パーティーを始めようとしたゴセイジャーだったが、筋(キン)グゴンの始動を受け街に駆けつける。エルレイの匣(はこ)を利用した筋グゴンの作戦によって、地球そのものの腐敗が再び始まっていた。さらにその根源となる都庁には大きくなったエルレイの匣が被さり、あたりは幽魔獣のパワーで覆われてしまう。

  • epic33「恐怖のマトリンティス帝国」
    epic33「恐怖のマトリンティス帝国」

    幽魔獣をついに倒したゴセイジャーだったが、ゴセイアルティメットの出現と同時にマスターヘッドが姿を消してしまった。駆け付けたゴセイジャーが遭遇したのは、マトリンティス帝国を名乗る新たな敵だった。三度(みたび)、護星天使たちの戦いの幕が上がる!

  • epic34「ゴセイナイト・ジャスティス」
    epic34「ゴセイナイト・ジャスティス」

    「人類を下僕とする機械帝国を築く」と宣戦布告したマトリンティス帝国の底知れぬ力に護星天使たちは警戒を強めていた。また、望はゴセイジャーたちにつづきゴセイナイトの絵を描き始め、その絵を渡すためにゴセイナイトを訪ねる。一方でマトリンティス帝国はザンKT2を完成させていた。

  • epic35「パーフェクトリーダーを探せ!」
    epic35「パーフェクトリーダーを探せ!」

    マトリンティス帝国のマトロイド・マッハのズテルS(エス)が現れた。駆け付けるゴセイジャーたちだが、ビービたちを統率した組織的な作戦行動の前になす術がない。翻弄されるゴセイジャーにリーダーのいない組織に勝ち目はない、と言い捨てて立ち去るズテルS。護星天使たちは、自分たちのリーダーを探し始めるのだが…。

  • epic36「走れ、アグリ!」
    epic36「走れ、アグリ!」

    一人ジョギングに励むアグリは、その途中で中村直人という100メートル走の選手に出会う。そんな中、マトロイド・スキャンのバザルソLJ(エルジェー)は優秀な肉体をもつ超一流のアスリートに改良を加え、マトリンティス帝国の強力な下僕にしようとしていた。やがて、直人が出場する記録会が狙われることが分かって…。

  • epic37「エキサイト・モネ」
    epic37「エキサイト・モネ」

    街に買い物に出かけていたモネは、行列を目にする。なんでも「付けているだけできれいになれるダイエットメーター」なるものを無料配布しているというのだ。さっそく列に並びダイエットメーターを付けるモネだったが、なぜかそのメーターはモネの手から離れなくなってしまう。

  • epic38「アリスVSゴセイナイト」
    epic38「アリスVSゴセイナイト」

    天知天文研究所の電話が鳴った。その電話を受けた望はこれまで見せたことのないくらい大喜び。首を傾げるゴセイジャーたちに、望は言う。「裕子さんが今日、うちに寄るって!」単身赴任中の望の母親が久しぶりに天知家に戻ってくるというのだ。知らせを聞いた天知博士も落ち着いていられない様子。

  • epic39「エピック・ゼロ」
    epic39「エピック・ゼロ」

    マトリンティス帝国は街にタイマーのバクトフージER(イーアール)を放つ。すぐに駆け付けるゴセイジャーとゴセイナイトだったが、バクトフージERは時間を10秒巻き戻すことのできる「タイムリバース」という技をもっていた。ゴセイジャーたちの攻撃も無力化され、スーパーゴセイジャーになることさえままならない。

  • epic40「ストロング・アラタ」
    epic40「ストロング・アラタ」

    マトロイドのバクトフージER(イーアール)の能力により、アラタがまだ天の塔が存在する過去にとばされてしまう。途方に暮れるゴセイジャーたちだが、アラタが必ず戻ってくることを信じて奮起。マトリンティス帝国の皇帝・10(テン)サイのロボゴーグは、直接護星天使のパワーを検証するため、遂に行動にでる。

  • epic41「爆発!仲間の絆」
    epic41「爆発!仲間の絆」

    エージェントのメタルA(アリス)率いるマトロイド・ニュートラルのアインI(アイ)が街に現れた。急行するゴセイジャーたちだが、アインIは攻撃してこない。終いにはメタルAにも見限られ、アインIはとり残されてしまう。「このマトロイド、ちょっと違わない?」違和感を感じたエリは、アインIの面倒をみることに。

  • epic42「情熱的ハイド」
    epic42「情熱的ハイド」

    協力してマトリンティス帝国の研究をしていたハイドとデータスだったが、ちょっとしたことで2人の間に溝ができてしまう。一方で、メタルA(アリス)の勝手な行動に腹を立てた10(テン)サイのロボゴーグは、ゴセイジャーに対するある作戦の遂行をメタルAとブレドRUN(ラン)に命令する。

  • epic43「帝国総攻撃」
    epic43「帝国総攻撃」

    ついにマトリンティス皇帝・10(テン)サイのロボゴーグが「総攻撃を仕掛ける」ことを宣言する。護星天使たちは、もう一度それぞれの絆を確かめ合い、必ずマトリンティス帝国を打倒する決意を新たにする。こうして上がった決戦の幕。ゴセイジャーたちの前に現れたのはサイボーグのブレドRUN(ラン)だった。

  • epic44「究極の最終決戦」
    epic44「究極の最終決戦」

    ゴセイナイトの残りわずかなパワーを与えられ、護星天使たちは最後の戦いに挑む。だが、ロボゴーグの駆使する10(テン)サイの前に、苦戦を強いられてしまう。さらには、ロボゴーグの命令を受けたサイボーグのブレドRUN(ラン)がゴセイジャーを巻き込んでの制裁ボム発動作戦に動き出す。

  • epic45「救星主、誕生」
    epic45「救星主、誕生」

    ロボゴーグを裏切り、メタルA(アリス)までも葬り去ったブレドRUN(ラン)。その衝撃を胸に抱え、護星天使たちはブレドRUNの今までの動向を振り返り始める。結果として、ウォースター、幽魔獣、マトリンティス帝国と渡り歩いてきたブレドRUNは、どのような理由で地球を狙っているのか?

  • epic46「狙われたゴセイナイト」
    epic46「狙われたゴセイナイト」

    今まで護星天使たちを掻き回し、翻弄していたブレドランは元護星天使のブラジラだった。救星主と名乗るブラジラの目的は地球を破壊し、生まれ変わらせること。驚きを隠せない護星天使たち。一方で、地球を破壊するブレドランに躊躇のないゴセイナイトに、ブラジラは驚愕の真実を打ち明ける……。 

  • epic47「地球救星計画の罠」
    epic47「地球救星計画の罠」

    ゴセイジャーたちはオーブを操りながら放つブラジラの天装術を分析していたが、そこへすぐにブラジラ出現の一報が入る。ブラジラはさらに2つのヘッダーを召喚していた。諦めることなく立ち向かう護星天使たちだったが、次の瞬間彼らが見たものは、信じられないゴセイナイトの姿で―――。

  • epic48「闘うゴセイパワー」
    epic48「闘うゴセイパワー」

    バリ・ボル・ダラを倒したことで海にもクサビが打たれてしまった。ブラジラの地球救星計画に加担してしまったことに動揺を隠しきれないゴセイジャーだったが、落ち込んでいる時間はない。地球の破滅が進もうとしている今、相手が例えゴセイナイトを盾にしようとも戦いきるしか手がないことを誰もが理解していた。

  • epic49「末来への戦い」
    epic49「末来への戦い」

    3つのクサビが地球に打ち込まれ、ついにブラジラの地球破壊の儀式『ネガー・エンド』の準備がととのった。一方で、アラタと望は地球の未来を信じ2人で林檎の種を植える。それは、どんなことが起ころうとも、望たち人間が未来を信じるという証でもあった。そして、ついにブラジラが天装術を発動する―。

  • epic50「地球を護るは天使の使命」
    epic50「地球を護るは天使の使命」

    護星天使たちは5人全員でブラジラに立ち向かう決意を固めた。そして、ついに地球のパワーが最も弱まる瞬間である日蝕がやってきた。闇があたりを包みこみ、ブラジラも最終手段にでる。ゴセイジャーは地球を護る使命を果たすことができるのか!?

ページトップへ