お客様の環境は「公認店」ではありません。
こちらからお近くの公認店を検索できます。

それが声優!  第1話 アフレコ

この作品もオススメ

それが声優!
それが声優! (配信数13話)
一ノ瀬双葉は、デビューしたての新人声優。けれど今のところ、特に際立った個性もなく、残念ながら仕事もほとんどない。アルバイトで生計を立てながら、試行錯誤の日々を送っていた。そんなある日、双葉は、TVアニメ『仏戦士ボサツオン』のアフレコスタジオで、自分と同じ新人声優、萌咲いちごと小花鈴と出会い――。現役声優である私、浅野真澄が、今までの経験と膨大な取材をもとに、好きなことを仕事にしようと格闘する女の子たちの日常を、楽しく、生々しく書きました。声優になりたいあなた、声優・アニメファンのあなた、進路に悩むあなたにこそ見てほしい。誇張もディフォルメもないリアルな私たちの姿、きっと楽しんでもらえるはずです
■キャスト
一ノ瀬双葉(CV:高橋李依)
萌咲いちご(CV:長久友紀)
小花鈴(CV:高野麻里佳)
息の根コロリ(CV:高橋李依)
汐留ヒカリ(CV:生天目仁美)
集さん(CV:小清水亜美)
紺野あおい(CV:古木のぞみ)
サヨ(CV:佐倉綾音)
海原さん(CV:三宅健太)

■スタッフ
監督:博史池畠
シリーズ構成:横手美智子
キャラクターデザイン:佐々木政勝
プロップデザイン:高瀬さやか
美術デザイン:イノセユキエ
美術監督:小野智広
色彩設計:歌川律子
撮影監督:林コージロー
編集:廣瀬清志
音楽:橋本由香利
音響監督:本山哲
アニメーション制作:GONZO
音楽制作:EVIL LINE RECORD
(C)あさのますみ・畑健二郎/イヤホンズ応援団

関連しているジャンルの作品

Page Top

次の話

話数一覧

あらすじを見る
  • 第1話 アフレコ
    第1話 アフレコ

    一ノ瀬双葉は、デビューしたての新人声優。けれど今のところ、特に際立った個性もなく、仕事もほとんどない。アルバイトで生計を立てながら、試行錯誤の日々を送っていた。そんなある日、双葉は、自分と同じ新人声優、萌咲いちごと小花鈴と出会い――。

  • 第2話 オーディション
    第2話 オーディション

    新人マネージャーの紺野あおいから、オーディションの話をもらう。緊張しつつオーディション会場へ向かうとそこには、いちごと鈴の姿が。更に意気投合しお互いの夢を再確認した矢先、双葉は唯一のレギュラー役が、今週で最後の登場と告げられる。

  • 第3話 WEBラジオ
    第3話 WEBラジオ

    ひょんな事からアニメのプロデューサーである海原から告げられ、WEBラジオのスタートが決定した双葉・いちご・鈴の3人。周りに励まされながら挑むも、早速10分間フリートークの壁にぶち当たる。そんな中、「仏戦士ボサツオン」の第1回目の放送が始まり――。

  • 第4話 ユニット
    第4話 ユニット

    唯一のレギュラーだったアニメの収録も終了目前、双葉はこのままでは失業してしまう事に気づく。同時にWEBラジオも最終回となるが、海原より突然、WEBラジオの継続が告げられる。更に「イヤホンズ」という名前のユニットを結成し、CDデビューまで決定するが―。

  • 第5話 イベント
    第5話 イベント

    イヤホンズのCDデビューが決定したものの、ブログの閲覧数はさっぱり・・・。そんな中、いちごに大きい仕事の依頼が舞い込んできた。100万本の売り上げを誇るゲームの続編の新キャラの仕事で、メインキャストとイベント出演も決定する。

  • 第6話 PV撮影
    第6話 PV撮影

    CDの発売日が決定し、レコーディングやダンスレッスンの過密スケジュールが告げられたイヤホンズ。そんな中、双葉は以前ユマという役で出演したドラマCDのアニメ化を知るが、出演のオファーが来ない。そんな矢先、鈴がユマ役で出演する事が発覚し――。

  • 第7話 吹き替え
    第7話 吹き替え

    偶然にも同じスタジオで別々の仕事がきまった3人。 それぞれ初めての現場でアウェーな中、必死に挑むも、なかなか上手くいかず励まし合う。ついに憧れていた小山力也から双葉の努力を褒められ、やる気を取り戻す双葉。そんな中、終了後ロビーでいちごと鈴が待っていて――。

  • 第8話 ナレーション
    第8話 ナレーション

    いよいよイヤホンズのCDが発売となり、初めてのインストアライブが 開催されるが集客はサッパリ。いちご・鈴の2人と比べて、自分はまだまだだと感じる中、双葉はナレーション現場へ。初めての現場で焦ってしまうも、そこで一緒になった真地勇志さんからの激励を受け――。

  • 第9話 マネージャー
    第9話 マネージャー

    声優と仕事をつなぐ仲介役であるマネージャー。 新人マネージャー・紺野あおいは日高のり子より、役の幅が広がるのもマネージャー次第というアドバイスを受ける。挑戦した事のない役が与えられ、不安を抱きながら挑んだ双葉だったが、後日紺野の想いに気づく。

  • 第10話 進路
    第10話 進路

    現役中学生声優の鈴は学校と仕事の両立や、進路の事で 悩んでいた。親友であり、1番のファンと公言しているサヨには、声優業との両立の為、サヨとは別の高校へ進学する事を勧められる。そんな中、劇場アニメのアフレコにてリアルな15歳というオーダーを受ける。

  • 第11話 自己管理
    第11話 自己管理

    番組レギュラーが決定した双葉。しかしつい無理をしてしまい、 体調を崩してしまう。そんな時、海原がワンマンライブの為に大きいライブハウスを抑えてしまった。いちごはメンバーを奮い立たせ、地道に宣伝を続け、ようやくチケットが売れはじめた頃、いちごが――。

  • 第12話 ライブ
    第12話 ライブ

    ワンマンライブ目前にして足を負傷してしまったいちご。 着々とライブに向けて準備が進んでいく中、双葉は現場で一緒になった堀江由衣からユニット活動の極意を教えてもらい、いちごに怪我の事を海原に打ち明けようと促す。そしてワンマンライブ当日を迎えるが――。

  • 第13話 査定
    第13話 査定

    ワンマンライブを大成功におさめ、 燃え尽き症候群になってしまった双葉。しかしいちごから過去の栄光におぼれている場合ではない!と叱咤激励をうける。そんな中、双葉が所属する青空プロダクションでは「査定」の時期に。引き続き残れるか瀬戸際の双葉はーー。

ページトップへ