お客様の環境は「公認店」ではありません。
こちらからお近くの公認店を検索できます。

薄桜鬼 碧血録  特別編 京都回想録

この作品もオススメ

薄桜鬼 碧血録
薄桜鬼 碧血録 (配信数11話)
新たな死闘の開幕
■キャスト
雪村千鶴:桑島法子 
土方歳三:三木眞一郎 
沖田総司:森久保祥太郎 
斎藤一:鳥海浩輔 
藤堂平助:吉野裕行 
原田左之助:遊佐浩二 
近藤勇:大川透 
山南敬助:飛田展男 
永倉新八:坪井智浩 
島田魁:大羽武士 
榎本武揚:伊藤栄次 
大鳥圭介:内匠靖明 
風間千景:津田健次郎 
天霧九寿:山口りゅう 
不知火匡:吉田裕秋 
南雲薫:伊藤葉純 
雪村綱道:斎藤龍吾

■原作
オトメイト(アイディアファクトリー/デザインファクトリー) 
■原案・構成監修
藤澤経清 
■キャラクター原案
カズキヨネ 
■監督
ヤマサキオサム 
■キャラクターデザイン
中嶋敦子 
■音響監督
岩浪美和 
■音楽
大谷幸 
■アニメーション制作
スタジオディーン
(C)IF・DF/「薄桜鬼 碧血録」製作委員会

関連しているジャンルの作品

Page Top

次の話

話数一覧

あらすじを見る
  • 特別編 京都回想録
    特別編 京都回想録

    慶応四年一月。鳥羽伏見の戦いに敗れ、江戸へ戻った新選組。新政府軍との再戦を望む彼らに待っていたのは、甲府城で敵を迎え撃つこと。己の信じた士道に従い戦いを諦めない土方らに、千鶴も決意をもって接することとなる。また、新たな勢力の拡大によって、羅刹と鬼の関係にも変化が生じていくのだった。

  • 十三話 焰の如く
    十三話 焰の如く

    江戸に戻った土方は薩長との再戦に臨むべく動く。羅刹の身で日中も働き続ける土方を心配する千鶴。山南は怪しい行動を見せ始め、沖田は銃創が癒えずに静養していた。そんな中、新選組は甲府城で敵を迎え撃つよう命じられるが、原田や永倉は任務に懐疑的で……。

  • 十四話 蹉跌の回廊
    十四話 蹉跌の回廊

    新選組は甲陽鎮撫隊として甲州へ進軍するが、甲府城にはすでに新政府軍が入城していた。先を越されたと知り、新参隊士の多くが脱走。原田たちは撤退を主張するものの、近藤は一切応じようとしない。土方が援軍を呼びに戻るものの、その間に戦いは始まってしまう。

  • 十五話 遠き面影
    十五話 遠き面影

    甲州勝沼の戦いに敗れて撤退を始めた新選組は、陽の下でも動ける新政府軍の羅刹たちから攻撃を受ける。羅刹たちを率いていたのは雪村綱道だった。一方、千鶴は土方と交わした約束どおり、近藤を逃がそうと奔走していたが、二人の前に立ちはだかる者がいて――。

  • 十六話 誠心は永遠に
    十六話 誠心は永遠に

    初めて敗戦を経験した近藤は、意気消沈していた。土方は江戸に残っていても戦いの機会を得られないと考え、会津へ向かうことを提案する。新たな隊士を募り、市川で彼らに新式装備の演習をさせる中、流山に移転した近藤たちは新政府軍に取り囲まれてしまう。

  • 十七話 玉響の夢
    十七話 玉響の夢

    江戸城の無血開城が決まり、土方たちも伝習隊を中心とした旧幕府軍の脱走部隊に加わる。旧幕府軍兵たちが新選組の陰口を叩く中、歩兵奉行の大鳥圭介から先鋒軍の参謀に指名された土方は、自ら先頭に立って新政府軍に恭順する宇都宮城を攻め落とそうとするが……。

  • 十八話 輝ける暁光
    十八話 輝ける暁光

    宇都宮で負傷した土方は、新選組本隊と合流するため、千鶴とともに会津へ向かう。しかし、会津で出迎えた斎藤たちから、近藤が斬首に処せられたと聞かされる。一方、不知火の話が気になり江戸へ戻った原田は、彰義隊が新政府軍から攻撃を受けていることを知る。

  • 十九話 天道の刃
    十九話 天道の刃

    負傷した土方に代わり新選組の指揮を執っていた斎藤は、会津候から命を受けて会津藩士たちとともに戦うことになる。しかし、彼らは斎藤が洋装であることや、刀を右差しにしていることを理由に反発する。斎藤たちは白河口に布陣する新政府軍へ攻め込むが……。

  • 二十話 散ずる桜花
    二十話 散ずる桜花

    仙台へ着いた土方を、旧幕府海軍の榎本武揚が訪ねて来る。彼から仙台で辻斬りが横行していると聞いた土方は、連絡の途絶えている山南たちが事件に絡んでいるのではないかとの疑念を持つ。土方が辻斬りの情報を求めて探索に出る中、千鶴の前に藤堂が現れ――。

  • 二十一話 雪割草の花咲きて
    二十一話 雪割草の花咲きて

    土方は千鶴を仙台に残したまま、榎本たちとともに蝦夷へ渡っていた。松前藩を陥落させた彼らは、旧箱舘奉行所である五稜郭を基点とし、徳川家遺臣たちによる領地を蝦夷に築こうとしていた。入札による選挙も行われ、土方には陸軍奉行並という役職が与えられる。

  • 二十二話 夢幻の薄桜
    二十二話 夢幻の薄桜

    ついに新政府軍が蝦夷に上陸する。山中の二股口に陣を構える土方たちは全勝していたものの、大鳥たちが守る松前口が水陸から攻撃を受けて敗れたため、撤退せざるを得なくなってしまう。明治二年五月十一日、新政府軍による箱舘総攻撃の日、土方と千鶴は――。

ページトップへ